はじめての家づくりガイド

【3000万円の注文住宅】建坪別・厳選実例6選と、予算内で建てるコツ

view 1737
【3000万円の注文住宅】建坪別・厳選実例6選と、予算内で建てるコツ

「予算3000万円で注文住宅を建てると、どんな家が建てられるのだろう?」
「3000万円で建てられる注文住宅の間取りって、どんな感じなのかな?」
あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

3000万円の注文住宅とひとことで言っても、建てられる家の面積や建物の構造などによって大きく変わってくるもの。

まずは、3000万円では「どのくらいの面積で、どんな家が建てられるのか」を把握して、注文住宅の家づくりをスタートできたら理想的ですよね。

今回の記事では、予算3000万円以内で建てられた注文住宅の施工実例を、坪数(延床面積)別に紹介します。

さらに、注文住宅を3000万円の予算内で建てるためのコツや、3000万円以内で注文住宅の依頼ができる建築会社についても詳しく解説していきます。

以下の記事を参考にしていただくことで「3000万円の注文住宅」のイメージが具体的になり、予算内で建てるために大切なことがわかって、家づくりの第一歩が踏み出しやすくなるかと思います。

あなたの素敵なマイホームを実現させるために、この記事がお役に立てたら幸いです。

その前に、理想の家づくりを実現するために情報収集は充分に出来ていますか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

1.3000万円で建てる注文住宅〈建坪別〉実例集

ここでは、3000万円以内で建てた素敵な注文住宅の実例を、建坪別に紹介します。

建坪とは、「建物の面積」=延床面積のことを指します。

現在3000万円で建てられている注文住宅は、建坪30坪以下の狭小住宅から建坪40坪以上の3階建て住宅まで、実にさまざまです。

今回紹介の実例は、一般的に建てられることの多い建坪(建坪20坪台〜50坪)までの例を、面積別に紹介していきます。

建築費用の情報が公開されている住宅については建築費用も記載していますので、合わせてチェックしてみてください。

*何平米が30坪? 自動計算サイト【王様カエルの計算ツール】でチェック

1坪 あたりの平米(㎡ ) 、畳サイズを計算機に入力して 換算できる便利なサイトです。
土地の坪数から敷地面積を算出するなら、こちらからチェック!

出典:王様カエルの計算ツール

1-1.建坪30坪以下の注文住宅

①家事ラク&収納たっぷり!狭小地で実現させた北欧モダンの4LDK

〈建坪約28坪・延床面積95.22㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:2700万円
工法:木造軸組木造軸組
建築会社:アセットフォーアセットフォー FPの家

約20坪(69.69㎡)の土地を有効活用し、建坪約28坪の3階建てを実現させた実例です。

「家事がスムーズにこなせて、すっきり広々と暮らせる家づくり」という施主の希望をもとに組まれた間取りは、2階に水回りと広いLDKをレイアウトし、夫婦の寝室を1階に、子供部屋を3階に配置。各部屋にクローゼットもしっかり確保しています。

加えて、玄関から土間続きの収納スペースや、階段下収納、階段壁面のスリット棚、キッチン側面のマガジンラックなど、空間をくまなく活用して適材適所に収納を設置。狭小地に建てる注文住宅ではお手本にしたいポイントです。

床素材には無垢材のオークを使用し、北欧モダンなナチュラル感を演出。外観も白い外壁にレンガ調のアクセント壁を加えて、家の内外のトーンを統一させています。住宅本体価格2700万円で憧れを叶えた、暮らしやすい素敵な家の事例です。

②木のぬくもり溢れる、傾斜地ならではの眺望を楽しめる家 

〈建坪約約30坪・延床面積99.38㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:2900万円(坪単価97万円)
工法:木造軸組
建築会社: 神崎

高低差のある約34坪の土地を活かして、傾斜地ならではの開放的な眺めを楽しめる家を建てた実例。 22畳ある広々とした1階のLDKから、スケルトンの階段で2階へとゆるやかにつながる設計が素敵です。 吹き抜けに面する2階の廊下はスペースを広めに設定し、まるでロフトのような空間に。ウッドデッキのテラスに窓をたっぷりとって、陽光が降り注ぐ明るい住まいを実現させています。

施主が一番こだわったのが、機能的なアイランドキッチン。20社以上のメーカーを比較検討し、幅3mあるメリット社のオーダー品に決めたそうです。温かみのあるキッチンが希望だったため、背面収納の扉には温もりを感じるオーク材を使用しています。

また、床は全フロアに杉の無垢板を使用、洗面台には一枚板を使うなど、木の温もりを常に感じさせる住まいとなっています。 家づくりで優先したいポイントを明確にし、理想の注文住宅を叶えたお手本のような事例と言えるでしょう。

1-2.建坪31〜40坪の注文住宅

③床材や造り付け家具にもこだわった、天井高3.5mの長期優良住宅

〈建坪約約33坪・延床面積110.64㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:非公開(2000万円~2499万円)
工法:木造軸組
建築会社:ジャパンホーム

約35坪の敷地の大部分を使用して、家の構造から床材・収納に至るまでこだわりの詰まった注文住宅を叶えた実例です。 家族が集うLDKを2階に設定し、1階は家族の寝室、小屋裏(屋根裏にできる空間)は収納として利用できるようにしています。

明るく風通しがよい間取りに加えて、長期優良住宅仕様にしたことで光熱費も抑えられているそう。 2階リビングは天井高3.5mの明るく開放感ある空間。白を基調とした内装に、カリン材の印象的なフローリングがぴったりマッチし、お洒落な雰囲気となっています。

また、リビング・ダイニングには床と同系色の木材を使用した造り付けの家具を設置。キッチンからリビングまで継ぎ目のないひと続きの空間に仕上げ、ダウンライトの照明でメリハリをつけるなど、空間の狭さを感じさせない工夫が施されている点にも注目です。

子供部屋は将来2つに分けることを考えて扉を2つ付け、洗面室は大きな鏡をL字型に取り付けることで使いやすく広々とした空間に見せるなど、注文住宅ならではの自由な設計が活かされています。

④家族の生活動線と機能性を重視した、重厚感あるデザイン住宅

〈建坪約37坪・延床面積125.22㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:非公開(2000万円~2499万円)
工法:木造軸組
建築会社:ホームラボ

家族みんなが集まる1階リビングに大きな吹抜けを採用した、スタイリッシュな住宅例。5人家族の生活動線を考慮して1階の間取りには細部までこだわり、2階は比較的スタンダードな造りにと、優先順位を1階にすることで全体のコストバランスをとっています。

黒い外壁と相性の良い茶色をアクセントに使用した外観は、モダンな中にも温かみを感じさせる配色バランスが素敵です。重厚な木目調のドアが印象的な玄関には、約一畳分の玄関収納を設置。広い玄関ホールは雨天時に自転車なども置いておくことができます。

また、家事をしながら子供の面倒が見られるよう、リビング・ダイニングから和室、バスルームまですべてが見渡せるセンターキッチンを採用。パウダールームに大容量収納を設けた上で、各部屋にも可能な限り収納スペースを確保するなど、家族の生活動線を考えた間取りとなっています。

1-3.建坪41〜50坪の注文住宅

⑤住宅密集地でもゆったり暮らせる3階建て住宅〈ビルトインガレージ付き〉

〈建坪約41坪・延床面積136.99㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:2400万円
工法:2×4、2×6
建築会社: 木下工務店

都心の住宅密集地に建てられた、シンプルモダンな3階建て住宅の実例です。 大小さまざまな窓を設けて配置を工夫し、光と風がたっぷり採り入れられる空間設計となっています。

1階には広い玄関ホールを設け、2階に水回りとLDKをレイアウト。キッチンはフルオープン・フルフラットの仕様で、使いやすい対面式のカウンターと前面収納を備えています。キッチンとつながるダイニングテーブルは配膳がスムーズで、リビングはつながりを持たせながらも、ゆるやかにゾーニングされている点に注目です。

また、2階の洗濯スペースから続くバルコニーに加え、3階の中央にはルーフバルコニーを設置。都心の住宅密集地でありながら、大きく開けた空を独り占めしたような気分を味わえる空間を設けています。

家のさまざまな箇所には優しい色調の木材が使われ、外観にもアイボリーの外壁に木質感のあるファザードや玄関ドアを採用するなど、家の内外から自然を感じられる造りになっています。

⑥リビングの吹き抜けから光が差し込むシックな邸宅〈ビルトインガレージ付き〉

〈建坪約49坪・延床面積162.30㎡〉

出典:suumo
注文住宅本体価格:2400万円
工法:木造軸組
建築会社: タマホーム

予算2400万円で、約100坪の敷地に建坪49坪のガレージ付き邸宅を建てた実例です。

施主がこだわった点は、リビング階段と吹き抜け、そしてビルトインガレージ。吹き抜けの窓からサンサンと光が差し込むリビングは、壁や床を白にすることでより明るく、より広く見えるように計算されています。また、家族とのコミュニケーションが取りやすいようリビングに面した階段を採用しています。

ビルトインガレージ部分は外観に黒をチョイス。家の外壁の白とコントラストが生まれて、シックで堂々とした雰囲気を醸し出しています。家の内観にもダークブラウンがアクセントカラーに取り入れられ、家全体のトーンが統一されて洗練された雰囲気を実現させました。

玄関には大容量のシューズクローク、キッチン横にはパントリーとして使える納戸を設置。2階にも収納空間をたっぷり確保し、生活空間がいつもすっきり片付けられて美しい暮らしが継続できるよう配慮がなされています。 間取りから室内の色使いまで、参考にしたいヒントがたくさんある住宅事例です。

2.予算内で注文住宅を建てるための4つのコツ

3000万円の予算内で注文住宅を建てるには、家についての希望に優先順位をつけて、お金のかけどころを決めておくことが大切です。

なぜなら、現在の注文住宅建築費の相場は約3500万円弱が平均額と言われており(※)、平均額より500万円コストを抑えて希望を叶えるには、やはり優先順位をつけて最も優先する事柄からお金をかけていったほうが、より理想の家に近づけるからです。

(※住団連住団連による2017 年度調査結果では、全国の注文住宅の建築費平均額は3535 万円と発表されています。)

下記では、3000万円の予算内で注文住宅を建てるためのポイントを4つ紹介します。

何をどう工夫すればコストカットにつながるのか具体的に解説していきますので、注文住宅の家づくりの参考にしていただけたら幸いです。

2-1.間取りを複雑にせず、家の凸凹をできるだけ減らす

家づくりをする際は、間取から外観までできるだけ凸凹を減らした方がコストダウンにつながります。

具体的には、間取りや家の外周は長方形や正方形などシンプルな形にして、壁面もフラットになっている方がコストがかかりません。

なぜなら、家の形状がシンプルな形であればあるほど資材・建材の使用量も少なくて済み、建築にかかる工事費も人件費も減らすことができるからです。

例えば同じ面積の家でも、出窓などを設けて凸凹した形の家の場合は外壁の表面積が大きくなり、下地の材材から仕上げ材まで余計に必要になるので、その分工事費も高くなります。

建築費を抑えたい場合、家の形は極力シンプルにするのがよいでしょう。

2-2.設備や仕様の妥協点はコストダウンを図る

注文住宅を3000万円の予算内に収めたい場合、設備や仕様で優先したい点と妥協してもよい点を明確にし、お金のかけどころとそうでない部分のメリハリをつけることが大切です。

例えば、後で張り替えが可能な壁紙などの内装面や、簡単にリフォームができるお風呂やキッチン設備などは、家を建てる時点ではコストを抑えめにして、後々金銭的に余裕ができたらリフォームをしてもよいでしょう。

逆に、耐震性・耐火性のある構造や、鍵や扉の防犯対策など、家の安全に関わる部分にはきちんと費用をかけておくべきだと言えます。

2-3.同条件で複数の会社に見積りを依頼し、比較検討する

注文住宅の建築会社を選ぶ際には、必ず複数の会社に同じ条件でプランと見積り作成の依頼をしましょう。

なぜなら、同じ条件下で各社から提案されたプランと見積りを比較できれば、自分の家づくりの希望を予算内で実現できる会社がどこか、わかりやすくなるからです。

依頼の際には、家づくりの希望条件をリストアップしたものを渡し、間取りや設備などを反映してもらいましょう。 この段階で要望をできるだけ詳しく伝えておくことで、実際に建築する際の金額に近い見積り額を確認することができます。

たとえば、部屋数や間取りの希望、駐車スペースの有無、必ず取り入れたい家の設備や仕様のグレードに関する希望があれば、プラン依頼時に各社へ伝えておくようにしましょう。

複数社のプラン内容と見積りを把握できていることは、価格交渉の際にも役立てることができるので、必ず行うことをおすすめします。

2-4.建築会社を探す際は、建坪から実現可能な会社を検討する

建築会社を探す際には、建てたい家の広さ(=建坪・延床面積)から実現可能な建築会社を比較検討していくことをおすすめします。

なぜなら、注文住宅では建坪×坪単価=家の建築費用と見積ることができるので、自分の予算に合わせて依頼可能な坪単価の建築会社を選ぶ必要があるからです。

具体的には、 例えば建坪30坪の家を考えている場合、建築の坪単価が80〜90万円くらいまでで建てられる建築会社を探すのが現実的なラインです。 その場合、一般的には準大手ハウスメーカーから中小規模の工務店やハウスビルダーなどが依頼先の候補として該当します。

建坪と坪単価は家づくりをスタートさせる際に目安となる数値として捉え、建築会社探しに役立てるとよいでしょう。

*坪単価別・建築会社の例

坪単価45万円〜ローコスト系ハウスメーカー(例:アエラホーム、他)
坪単価60万円〜地域に密着した中小規模の工務店・ハウスビルダー
坪単価80万円〜準大手ハウスメーカー (例:住友不動産 他)
坪単価80〜100万円大手ハウスメーカー (例:パナソニックホーム積水ハウス、他)

3.3000万円の注文住宅の相談ができる建築会社一覧

注文住宅を3000万円の予算内で建てるなら、3000万円以内での建築・施工実績があるハウスメーカーや工務店に依頼するのがおすすめです。

なぜなら、3000万円以内での建築実績がある会社ほど、施主の要望に答えるノウハウも蓄積されており、希望の暮らしに合ったケースバイケースの提案をしてもらえる可能性が高いからです。

下記では、弊社が提携している建築会社の中でも、3000万円以内で注文住宅建築の実績がある会社を紹介しています。

建築会社ごとにその魅力はさまざまなので、自分の希望の家のイメージに近い会社を数社探して、まずは問い合わせしてみましょう。

【注文住宅の建築実績がある建築会社9社一覧】

サンヨーホームズ

サンヨーホームズはクボタハウス時代から定評があった頑丈な鉄骨プレハブ住宅の建築技術が特徴。注文住宅も得意としています。また、太陽光発電システムや太陽熱利用エコキュートの活用も得意としており、省エネ・エコな生活の実現を応援しています。長期優良住宅にも積極的に取り組み、自由度の高い設計にも定評あり。環境に優しく安全・安心な住まいづくりを提案しています。

エンゼルハウス

エンゼルハウスの特徴のひとつが、国産ヒノキ材を使った家づくり。柱や土台には、オリジナルの国産ヒノキを使用しており、一般的な工法の2倍の木材を使用し、堅牢な「構造」を実現しています。 保証制度も充実しており、60年という長期保証も用意。「150年5世代にわたって住める家」というコンセプトを実現するために、万全のサポート体制を設けています。

パナソニックホーム

パナソニックの住宅メーカー「パナソニック ホームズ」では日本全国に展示場があり、地域に限らず注文住宅を依頼することができます。狭小地のフラット屋根では難しかった太陽光発電システムの搭載の実現を可能にし、新開発のシステムにより異勾配屋根へのZEH対応も可能となっています。また、パナソニック製のホームエレベーターや最新家電設備を搭載した注文住宅が叶う点も魅力です。

フィアスホーム

住生活総合企業LIXILグループの一員であり、全国にフランチャイズを展開するフィアスホーム。フィアスホームの「高気密高断熱構造のパネル工法」は、国土交通省・経済産業省が定めた最高レベルの断熱基準を上回る性能を誇ります。LIXILグループの圧倒的な資材調達力や商品開発力と、高品質を維持しながらの適正価格が大きな魅力です。

GLホーム

欧米スタイルの住まいを家を提供しているGLホーム。耐震性や耐久性、高気密・高断熱による快適性の高い家づくりと、住むほどに味わいを深める普遍的なデザインを目指しています。アーリーアメリカンスタイルや南欧テイストのスパニッシュスタイル、石積みが美しいエレガントなフレンチスタイルなど、さまざまなスタイルの家づくりを提案しています。

オーガニックハウス

オーガニックハウスは、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの有機的建築思想を受け継いだ注文住宅ブランドです。フランク・ロイド・ライト財団より認められた、唯一の会社であり、自然の光や風を住まいに取り入れ、自然と調和する家づくりが特徴です。流行に左右されない安らぎや落ち着き、居心地の良さと、世代を超えて住み継がれる家を提案しています。

ネクストハウス

東京・愛知エリアで1,000棟の注文住宅を販売するネクストイノベーション(株)が展開する木造注文住宅ブランドです。オリジナルのオーダーシステムにより、どなたでも簡単に住まいづくりができるよう提案をしています。デザインや意匠性を確保しながら、性能、品質には妥協せず、ZEH、長期優良住宅が標準仕様の高性能・高品質の住まいづくりを実現しています。

スウェーデンハウス

住環境において世界一の先進国と言われるスウェーデンの住宅を日本でも実現できるよう、スウェーデンから工法や材料を輸入して家を建てる住宅メーカーです。北欧ならではの高いデザイン力と機能性の高さが人気です。高気密・高断熱を非常に重要視した造りで、一年を通じて快適に過ごせる住宅性能を誇ります。また、3階建ての実績も近年増えており、国内にモデルハウスも用意しています。

積水ハウス

日本で2番目に歴史の古い大手ハウスメーカー積水ハウスは、注文住宅からリフォームまでさまざまな住宅に対応しています。住宅着工戸数では業界ナンバー1を誇り、その実績とサポート体制の充実度には長年定評を得ています。耐候性の高い外装材や最新のフレームシステムなど、オリジナルの高品質なシステムや建材を多く備えているのが特徴。先進技術による快適空間を提供しています。

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、

  • 3000万円で建てる注文住宅の〈建坪別〉実例集と
  • 予算内で建てるための3つのコツ
  • 3000万円の注文住宅の相談ができる建築会社

をご紹介しました。

一から自由に設計できる注文住宅は、建て主の希望をダイレクトに反映できるのが最大の魅力です。 3000万円の予算があれば、工夫次第で理想どおりの家がきっと実現できることと思います。

この記事をもとに、さまざまな家の実例をチェックして、あなたの希望の家のイメージをぜひ固めていってください。

あなたの注文住宅が、予算内で素敵に実現することを祈っています!

最後に、理想の家づくりを実現するために情報収集は充分に出来ていますか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

関連記事

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。

ランキング