はじめての家づくりガイド

木造と鉄骨の違いを徹底解説!戸建てでおすすめなのはどっち?

view 172
木造と鉄骨の違いを徹底解説!戸建てでおすすめなのはどっち?

注文住宅を建てる際、迷うのが「木造」と「鉄骨」など建材についてです。またRCと呼ばれる「鉄筋コンクリート」もスタイリッシュな見た目で、若い方やこだわりの住まいを求める方の間で人気があります。

本記事では木造、鉄骨、コンクリートなど、「建材の違い」を詳しく説明します。

木の骨組み

その前に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

木造(W造)とは?

木造はその名の通り、断熱性に優れた「木」を使って家を建てます。W造の「W」はwoodの略で、木造で建てられた住まいは古くから、住まいだけで無く寺社仏閣にも用いられるなど「日本の風土」に根ざしています。

木造(W造)には、軸組工法のほか2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる工法があります。軸組工法とは柱と梁を支柱にして住まいを建てる工法のことです。

また2×4(ツーバイフォー)は、2インチ×4インチのサイズの木材を使って住まいを建てる工法で、耐震性や断熱性に優れた工法として人気があります。

木造(W造)のメリット

木造の良さは断熱性だけでなく、吸湿性にも優れているため鉄骨やコンクリートの住まいに比べて「住み心地が良い」点に特徴があります。

木造(W造)のデメリット

木造建築で気をつけたいのは、シロアリなどの問題です。木造で家を建てる場合には、害虫対策を万全にしましょう。

鉄骨造(S造)とは?

鉄骨造(S造)の「S」はsteelの頭文字です。鉄骨は粘り強さのある建材で、鉄筋コンクリートや、鉄骨・鉄筋コンクリート造よりも軽くしなやかな点に特徴があります。

コンクリートを使用しない分、軽量化が図れるため大型建造物(高層マンション、ビル、ホール)などにも用いられます。

鉄骨造(S造)のメリット

鉄骨造(S造)のメリットは耐久性の高さにあります。地震や水害にも強く、遮音性の高さでも木造建築に勝ります。

鉄骨造(S造)のデメリット

鉄骨造(S造)のデメリットは、木造に比べて建築コストが掛かることです。また気密性が少ないため、冬寒く夏暑いといった点にも注意が必要です。

鉄筋コンクリート(RC造)とは?

鉄筋コンクリート(RC造)の「RC」とはReinforced Concreteの略称で、日本語では鉄筋コンクリートと呼んでいます。

RC造では、柱や梁の部分にコンクリートを流し込み強度を高めます。鉄筋の引っ張る力とコンクリートの強度と圧縮により、耐久性に優れた構造を生み出します。

鉄筋コンクリート(RC造)のメリット

鉄筋コンクリート(RC造)のメリットは、耐火性の高さにあります。また遮音性能が高いため、住宅密集地や集合住宅の建材としても適しています。

鉄筋コンクリート(RC造)のデメリット

鉄筋コンクリート(RC造)のデメリットは、木造建築よりも建築コストがかさむ点です。このほか建材自身も重く、土地の基盤をしっかり固める必要があり、さらにコストがかかります。

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)とは?

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)の「SRC」は、Steel Reinforced Concreteの略で、日本語では鉄骨・鉄筋コンクリートといいます。鉄骨とRC造の良さを兼ね備えた工法で、耐久性の高い点に特徴があります。

RC造の耐久性とS造(鉄骨)のしなやかさを持ち、コンクリートによって強度も加えられるため高層の建物にも用いられる工法です。

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)のメリット

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)のメリットは、どの工法よりも強度が高く、柱などの部分を補足しても建物全体の強度が衰えないことです。耐震性にも優れ、戸建てだけで無く高層マンション、高層ビルにも安心して使用できます。

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)のデメリット

鉄骨・鉄筋コンクリート造(SRC造)最大のデメリットは、コストが掛かることです。木造、S造、RC造と比べても全体の建築コストは大きくなります。

コストが掛かる工法、コストが掛からない工法

各建材のメリット・デメリットでも紹介しましたが、最も建築コストがかかるのは、SRC造です。SRC造は1坪あたりの平均単価が100万円以上掛かります。SRC造はRC造とS造の良さを兼ね備えていますが、工法が複雑な分コストも多く掛かるのです。

一方、建築コストが掛からないのは木造です。木造の住まいは高いというイメージを持つ方も多いのですが、木造1坪あたりの平均単価は50万円程度と低コストで住まいが建てられます。

次にコストが掛からないのはS造で1坪あたりの平均単価は50万円〜80万円程度、RC造の場合は1坪あたり70万円〜100万円です。

参考資料:建築費の坪単価、相場等の最新情報(宮建築設計)

まとめ|建材はコストだけでなく、耐震性・建物の耐久性で選ぼう!

建材はコストだけで選んではいけません。木造には、快適に住めるというメリットがありますが、耐久性や「長く住める住まい」という点では、SRC造の住まいに負けてしまいます。

これから住まいを建てる方は、コストや耐久性など、全体のバランスを見ながら「自分の理想」を叶えてくれる建材を選択しましょう。

最後に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。