はじめての家づくりガイド

ローコスト住宅人気ランキング!2019年オススメのハウスメーカーを徹底比較

view 1110
ローコスト住宅人気ランキング!2019年オススメのハウスメーカーを徹底比較

ローコスト住宅を手掛ける不動産会社は、星の数ほどありますが、誠実な対応と高性能な住まいを提供するハウスメーカーは、全国でも数えるほどしかありません。

本記事では「ローコスト住宅」で、本当にオススメできるメーカーだけを選りすぐり、紹介したいと思います。

その前に、あなたにとっての良い家とはどんな家ですか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、通常の注文住宅と比べて「安い予算」で建築出来る住宅のことです。ローコスト住宅の明確な基準はありませんが、一般の注文住宅の建築費の相場が坪単価で50〜60万円なのに対し、ローコスト住宅は「約30〜50万円」と言われています。

    【ローコスト住宅と一般住宅の違い】
  • 一般住宅   ・・・坪単価で50〜60万円
  • ローコスト住宅・・・坪単価で30〜50万円

つまり、一般住宅とローコスト住宅を比較すると「最大2倍」の開きがあるという計算です。これを具体的に金額で考えると、坪数「30〜40坪」で一千万円近い差となりますね。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅で自宅を建築することにより、貯蓄の少ない若い世代の方や、子どもが独立したリタイア後のシニア世代の方でも、マイホームが持てるといったメリットがあります。

ローコスト住宅が「安い」理由

ローコスト住宅が(一般住宅よりも)安価で建てられる理由として、材料費のコストダウンがあります。これは流通全体に言えることですが、大量仕入れや規格化、工場においての一括生産等で原価を抑えられるからです。

ローコスト住宅を手掛ける大手ハウスメーカーは、大量に仕入れ、良い建材でも安く仕入れられる流通ルートを確保しているのです。

このほかにも、ローコスト住宅が安い理由には「人件費のコストダウン」があります。ローコスト住宅の建設現場では、安い労働力を入れ、コストダウンを図るのではありません。

(材料費のコストダウンで述べたように)材料の規格化等により、人件費が高い「熟練工」を必要としないことでコストダウンを実現したのです。

これは、チェーン展開の飲食店を想い浮かべれば「コストダウンの理由」が理解できるでしょう。ある程度、質の高い食事もオートメーション化し、材料の仕入れなどを一括・規格化することで、調理技術の高いシェフを雇わずに済むのと同じです。

このほか、広告宣伝費を削ることでコストダウンが図れます。具体的には、テレビCMを全国ネットではなく「ローカル放送」に限定したり、新聞折り込みチラシを簡素化するなどの取り組みが、ローコスト住宅の提供に繋がります。

このように中〜小規模ハウスメーカーの場合、大手の住宅メーカーや不動産会社が扱う一般住宅に比べて、広告宣伝費が掛からず、良い建物を安く提供できるのです。

次に「家屋そのもの」のコストダウンといった方法もあります。これは部屋数を減らして壁やドアを少なくする、トイレや浴室などの装備を安価な商品にするなど。細かいところでは、壁にあるコンセントの数を減らす等という方法も挙げられます。

ここまで見てきたように、ローコスト住宅は様々な工夫により建築費が抑えられています。また、規格住宅では建築時間が短いため、結果「人件費の抑制」にもつながります。

ただし、一般注文住宅に比べ「ローコスト住宅」が劣る部分も当然あります。例えば(ローコスト住宅は)規格住宅である以上、資材や間取り、建具等の選べるプランが限られてきます。これらは耐久性や防音性、耐震性に関わってくるので注意しましょう。

とはいえ…設計、施行は建築基準法に則っていますので「住居としての基準」はクリアしています。また、大手の業者に比べ、保証年数が短い(※大手の保証期間が45年や、60年なのに対し、ローコスト住宅は10年以下の場合もある)ことがほとんどです。

ローコスト住宅が人気ってホント?

ローコスト住宅が「人気」なのは本当です。一昔前とは異なり、家に対する考え方や予算の掛け方が「変化」をしており、無駄なことにはお金を使わず、自分の趣味や「重視したいところにだけ」予算を掛ける人が増えてきたからです。

またローコスト住宅でも、高性能で耐久性に優れた住まいが増えてきており、大手ハウスメーカーもローコストで「価値ある住まい」を多く提供するようになりました。

例えば、タマホームの例を見てみましょう。タマホームは「ローコスト住宅」を代表するハウスメーカーですが、国内の大手ハウスメーカーと引けを取らない、優れた住まいをリーズナブルな価格で提供しています。

キラキラの家

次項からは、ローコスト住宅で「人気のハウスメーカー」について紹介したいと思います。

ローコスト住宅で人気のハウスメーカーランキング

ローコスト住宅の建設で「人気の高いハウスメーカー」をピックアップし、集めてみました(※ ランキングと表記していますが、本記事では順位は定めておらず、紹介の順序はランキング順や人気順ではありません)。

    ローコスト住宅で人気の業者(一覧)
  • レオハウス
  • アキュラホーム
  • ヤマト住建
  • タマホーム
  • アイフルホーム
  • クレバリーホーム
  • 富士住建
  • ユニバーサルホームv
  • アエラホーム
  • アイダ設計
  • センチュリーホーム

各メーカーの特徴や事業の概要を見ていきましょう。

レオハウス

「夢を叶える家」というコンセプトでおなじみのレオハウスは、日本全国で25,000棟の引き渡し棟数を誇るハウスメーカーです。

レオパレスLP

建築以外にも、レンタル事業や建築コンサルタント事業等を手掛ける「お役立ち企業」として、社会に貢献する東証一部上場企業、株式会社ナックのグループ会社です。

なおレオハウスでは、自由設計・適正価格・安心・安全をモットーに「CoCo(ココ)」というシリーズの注文住宅を展開しています。以下、レオハウスの会社概要をまとめてみました。

【レオハウスの会社概要】
社名   :株式会社レオハウス
代表   :代表取締役 社長 内村 真樹
住所   :〒163-0637 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル37階
設立   :平成18年10月10日
資本金  :3億円
建設業許可:国土交通大臣許可(特-28)第22020号
宅地建物 :公式サイト参照
一級建築士:公式サイト参照
公式サイト:レオハウス(公式サイト)

レオハウスのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:レオハウス(公式サイト)

【メモ】レオハウスの取り組み

住む人が居心地の良い住まいを第一に自由な設計を考え、例えば休日には家族や友人と庭でBBQがしたい、大型犬と暮らしたい、思い切り楽器を鳴らしたい。レオハウスは、そんな施主様の夢を「自由設計」によって実現しています。

リーズナブルな価格で提供をしつつも、耐震や断熱にもこだわり、木造でありながら曲がりやねじれに強い「6面体構造」を採用するなど、自然災害に強い家造りを考えています。

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは家庭内で消費するエネルギーより生産したエネルギーの方が上回る、すなわちエネルギーを自給自足できる住宅のことです。

日本政府も2020年までに標準的な住宅の目標としています。この「ZEH」を取り入れ環境への負荷も考えたローコスト住宅に取り組んでいます。

参考リンク:レオハウス(公式サイト)

アキュラホーム

カンナ社長で有名なアキュラホーム。「匠の心」を持ったプロ職人集団が品質・性能・デザインのクオリティを追及し、建てる時も入居後も末永くサポートする「永代家守り」を行うなど、ハウスメーカーの垣根を越えた「身近なパートナー」として活動を行っています。

アエラホームLP

以下、アキュラホームの会社概要をまとめてみました。

【アキュラホームの会社概要】
社名   :株式会社アキュラホーム
代表   :宮沢 俊哉
住所   :東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F
創業   :1978年10月
設立   :1986年5月
資本金  :9,314万円
従業員数 :1,230名(平成30年4月1日現在)
建設業許可:国土交通大臣許可(特-26)第21113号
宅地建物 :国土交通大臣(3)第6982号
一級建築士:東京都知事登録第53714号
その他登録:(財)住宅保証機構 建設業者登録10007517号
公式サイト:株式会社アキュラホーム(公式サイト)

アキュラホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:株式会社アキュラホーム(公式サイト)

【メモ】アキュラホームの取り組み

アキュラホームの社名は英語の「正確・的確な」を表す「Accurate(アキュレット)」と「品質・優秀性」を表す「Quality」に由来します。社長が元大工で現場の実践から発想を得たボトムアップ改革により合理化へのチャレンジを図ってきました。

家造りをデータベース化した「アキュラシステム」、スケールメリットを活かした大量一括共同仕入れの「共同仕入れ直接発注」、下請け孫請けを使う丸投げをしない「直接施行」、自社物流センターによる「計画的な配送」など。

自社開発のオリジナルアイテムを活かした「施行合理化」、これら5つの秘訣で適正価格を実現していきます。

ヤマト住建

ヤマト住建は、万人から喜ばれる住まい、長寿命住宅づくりに取り組むハウスメーカーです。

ヤマト住建LP

平均寿命がおよそ30年と言われる日本の住宅。一方、欧米では100年を超えるとも言われています。そんな日本の住宅を世界基準レベルに引き上げたいというのが、ヤマト住建のモットーです。

ヤマト住建の特徴

健康・快適な住宅を目指して「高気密・高断熱な住まい」を提唱しています。樹脂サッシ、外張り断熱などにより、住宅内における急激な温度変化を防ぎ、「ヒートショック」の防止に役立ちます。

住むひとの命や財産を災害から守る為に、阪神淡路大震災の経験・教訓を活かし、耐震性にこだわった「金物工法+パネル工法」や「制振ダンパー」の組み合わせにより地震に強い家を提供しています。

以下、ヤマト住建の会社概要をまとめてみました。

【ヤマト住建の会社概要】
社名   :ヤマト住建株式会社
代表   :代表取締役会長 西津 昌廣、代表取締役社長 中川 泰
住所   :兵庫県神戸市中央区下山手通3丁目15番7号
創業   :昭和62年11月
設立   :平成2年1月
資本金  :3億1,900万円
従業員数 :320 名(2019年3月現在)
建設業許可:(特-25)第20561号
宅地建物 :国土交通大臣(4)第5946号
一級建築士:兵庫県知事登録第01A01038号、東京都知事登録第56425号
性能保証 :業者登録番号10008584
公式サイト:ヤマト住建(公式サイト)

ヤマト住建のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:ヤマト住建(公式サイト)

リビング

タマホーム

創業20年を迎え、印象的なテレビCMでもおなじみのタマホーム。ローコスト住宅のベストセラー「大安心の家」や、さらに低価格の「木麗な家」などのラインナップで高い支持を受けています。

タマホームLP

タマホームの特徴

TVCMでもおなじみタマホームは、一般財団法人日本地域開発センター主催が主催する、省エネルギー性に優れた住宅を選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」において「大安心の家エリアシリーズ」が「優秀賞」を、企業としてタマホームが「優秀企業賞」を4年連続で受賞しています。

以下、タマホームの会社概要をまとめてみました。

【タマホームの会社概要】
社名   :タマホーム株式会社
代表   :代表取締役会長  玉木 康裕、代表取締役社長  玉木 伸弥
住所   :東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
設立   :平成10年6月3日
資本金  :43億1,014万円
売上高  :1,603億円 (平成30年5月期) 
従業員  :3,172名 (平成30年5月31日 現在)
建設業許可:国土交通大臣許可(特-25)第19013号、(般-25)第19013号
宅地建物 :国土交通大臣(3)第6857号
従業員数 :3,172名 (平成30年5月31日 現在)
公式サイト:タマホーム(公式サイト)

タマホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:タマホーム(公式サイト)

アイフルホーム

CMでおなじみアイフルホームは、住宅メーカーと工務店のメリットを併せもったハウスメーカーです。

全国規模の知名度だけでなく、質の高い住まいを合理的な価格で提供する「ローコスト住宅」を代表するメーカーとしても、高い評価を得ています。

アイフルホームLP

なおアイフルホームでは、注文住宅や一戸建てをはじめ、リフォーム、家の新築・建て替えにも携わっています(※ 他社ローコスト住宅の改修・リフォームにおいても、アイフルホームに依頼をすることができます)。

以下、アイフルホームの会社概要をまとめてみました。

【アイフルホームの会社概要】
社名   :株式会社LIXIL住宅研究所(アイフルホームカンパニー)
代表   :株式会社LIXIL住宅研究所 代表取締役社長、アイフルホームカンパニー プレジデント 加嶋 伸彦
住所   :東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー
設立   :公式サイト参照
資本金  :公式サイト参照
建設業許可:公式サイト参照
宅地建物 :公式サイト参照
一級建築士:公式サイト参照
公式サイト:アイフルホーム(公式サイト)

アイフルホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アイフルホーム(公式サイト)

クレバリーホーム

クレバリーホームは、タイルをふんだんに使った住まいや木造住宅のエキスパート。自由設計のバリエーションでも評価が高く、ローコスト住宅では知ら無い人がいない程、有名なハウスメーカーです。

大手ハウスメーカーの良い部分と、地元工務店の良い部分を掛け合わせて2で割ったものが「クレバリーホーム」だとイメージすれば分かりやすいでしょう。

クレバリーホームLP

クレバリーホーム最大の特徴は「30年のメンテナンス保証」で、ローコスト住宅で心配な住まいの劣化・老朽化にも、長期間保証を付けてくれるので安心です。

クレバリーが得意とするタイルを使った物件についても、保証が30年間付帯してくるので、定期的にメンテナンスを行いながら長く建物に住み続けることができます。

クレバリーホームの特徴

以下、クレバリーホームの会社概要をまとめてみました。

【クレバリーホームの会社概要】
社名   :株式会社 新昭和FCパートナーズ
代表   :代表取締役 井家上 進
住所   :〒299-1144 千葉県君津市東坂田4丁目3番3号 4階
設立   :2016年11月1日
事業内容 :フランチャイズ事業、住宅事業(宮城エリア)
建設業許可:国土交通大臣(般-28)第26559号
宅地建物 :国土交通大臣(1)第9137号
一級建築士:千葉県知事登録 第1-1703-8247号
加入団体 :日本フランチャイズチェーン協会正会員
公式サイト:クレバリーホーム(公式サイト)

クレバリーホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:クレバリーホーム(公式サイト)

富士住建

富士住建は、標準仕様「完全フル装備の家」のキャッチフレーズで知られるハウスメーカーです。

富士住建LP

モットーは「高品質で適正価、住む人がしあわせになるための家」で、実際に「手厚いアフターフォロー」の付帯したハイグレード住宅をリーズナブルな価格で提供しています。

富士住建の特徴

富士住建の特徴は以下の通りです。

    【富士住建の特徴】
  • 利益率を抑え、適正率で住まいを提供
  • モデルルームを作らないなど、経費節約を徹底している
  • メーカーとの年間契約で単価を結び、建材を安価で調達

以下、富士住建の会社概要をまとめてみました。

【富士住建の会社概要】
社名   :株式会社 富士住建
代表   :代表取締役 竹田浩之
住所   :〒362-0021 埼玉県上尾市原市1352-1
設立   :昭和62年10月8日
資本金  :4,000万円
建設業許可:国土交通大臣許可(般-29) 第19632号
宅地建物 :国土交通大臣(3)第7697号
一級建築士:埼玉県知事登録(3)第8645号 一級建築士事務所
公式サイト:富士住建(公式サイト)

富士住建のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:富士住建(公式サイト)

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームは、高品質な注文住宅を全国展開する、大手ハウスメーカーです。

ユニバーサルホームLP

ユニバーサルホームを選ぶ人のなかには、地熱床システム、高性能壁材ALCなどの建材だけでなく、営業担当者の誠実さに引かれて契約するという方も多いです。

ユニバーサルホームの特徴

ハイグレードな住まいを安価で提供するだけでなく「お客様の目線に建った」担当者が、住まいに関する情報・アドバイスを与え、一戸建ての注文住宅を成功へと導いてくれます。

参考リンク:ユニバーサルホーム(公式サイト)

以下、ユニバーサルホームの会社概要をまとめてみました。

【ユニバーサルホームの会社概要】
社名   :株式会社ユニバーサルホーム (universalhome Inc.)
代表   :加藤 充
住所   :東京都中央区八丁堀二丁目7番1号 八丁堀サンケイビル5階
設立   :1995年5月
資本金  :4億9,180万円
従業員数 :171名(2018年12月末現在)
宅地建物 :国土交通大臣(2)第7980号
経営理念 :万有の英知を集結し人と地球にやさしい家づくりを目指す
加盟団体 :一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会正会員、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会正会員
公式サイト:ユニバーサルホーム(公式サイト)

ユニバーサルホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:ユニバーサルホーム(公式サイト)

アエラホーム

アエラホームは創業55年、「建材をアルミで包んだ家」という衝撃的キャッチコピーで一躍有名になったハウスメーカーです。

アエラホームLP

アエラホームが優れているのは「夏涼しく、冬暖か」な住まいを実現したことです。

アエラホームの特徴

参考リンク:アエラホーム(公式サイト)

以下、アエラホームの会社概要をまとめてみました。

【アエラホームの会社概要】
社名   :アエラホーム 株式会社
代表   :代表取締役 中島 鷹秀
住所   :〒102-0074  東京都千代田区九段南2-3-1青葉第一ビル2階
設立   :1984年12月
資本金  :1億円(2017年3月現在)
従業員  :315名(2017年4月現在)
建設業許可:国土交通大臣許可(般-29)第15997号
宅地建物 :東京都知事(1)第99490号
一級建築士:東京都知事登録第53354号 他各県
公式サイト:アエラホーム(公式サイト)

アエラホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アエラホーム(公式サイト)

アイダ設計

アイダ設計は、低価格の注文住宅で評価の高いハウスメーカーです。

アイダ設計のLP

アイダ設計のモットーは、

  • お客様にとって紛らわしい価格設定はしたくない。
  • お客様に誤解されるような価格交渉はしたくない。
  • お客様に不信感を抱かせるような対応はしたくない。

で、不動産業界の不透明さを無くし「正直価格」で向き合う姿勢が「アイダ設計」の特徴となっています。

以下、アイダ設計の会社概要をまとめてみました。

【アイダ設計の会社概要】
社名   :株式会社 アイダ設計
代表   :代表取締役社長 會田 貞光
住所   :〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
設立   :昭和56年1月6日
従業員  :1,032人
売上高  :519億円
事業所  :全国94ヶ所
資本金  :2億1,632万円
建設業許可:国土交通大臣免許(7)第4179号
宅地建物 :国土交通大臣許可(般-28)第14192号
一級建築士:4)第8520号
公式サイト:アイダ設計(公式サイト)

アイダ設計のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アイダ設計(公式サイト)

センチュリーホーム

センチュリーホームができたのは、1983年「住まいの理由が高すぎる」といった理由がありました。

センチュリーホームLP

実際にセンチュリーホームは、以下の問題点について即座に対応しています。

    【センチュリーホームが実施する問題点の解決】
  • 高い広告経費、余分な人件費、自社工場経費
  • 総合展示場
  • わかりにくい見積価格
  • 高コスト体質

以下、センチュリーホームの会社概要をまとめてみました。

【センチュリーホームの会社概要】
社名   :センチュリーホーム
事業内容 :茨城県水戸市大塚町1993-3
住所   :茨城県水戸市大塚町1993-3
設立   :昭和58年7月
資本金  :6,000万円
建設業許可:公式サイト参照
宅地建物 :公式サイト参照
一級建築士:公式サイト参照
公式サイト:センチュリーホーム(公式サイト)

センチュリーホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:センチュリーホーム(公式サイト)

ローコスト住宅で失敗しないために!良いメーカーの見極め方

ローコスト住宅で失敗しないためには、良いメーカーを見極めることです。本記事で紹介した各ハウスメーカーであれば、満足度の高い住まいが持てるのは間違いありません。ただ、一点注意したいのは「担当者との相性」です。

設計の相談

どんなに口コミ評価が高いハウスメーカーであっても、担当者が誠実に対応をしてくれるのか。一軒一軒の住まいに対し、丁寧な対応やアフターフォローができるのか。

住まいの「品質・性能」と併せて、良い担当者との出会いが「マイホームの運命」を決めるといっても過言ではありません。

みなさんも複数のメーカーで、相性の良い担当者を見つけた上で、マイホームの購入について相談してください。

まとめ|ローコスト住宅の成功はメーカー&担当者の誠実さがカギ!

ローコスト住宅で失敗しないためには、各メーカーの特徴を知り、自分に合うハウスメーカーで依頼をすることです。

最後に、あなたにとっての良い家とはどんな家ですか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。