はじめての家づくりガイド

おすすめの注文住宅本ランキング2019!家づくりの基本から間取り・建材まで

view 16392
おすすめの注文住宅本ランキング2019!家づくりの基本から間取り・建材まで

「注文住宅の家づくりに役立つ、おすすめの本ってあるのかな?」「間取りの本を探しているけど、たくさんあってどれが良いかわからない……」
あなたは今、そんなふうに思っていませんか?

注文住宅の家づくりでは、建てたい家のイメージ固めから業者選び、間取りの作成、内装の決定など、次から次へと決めていくことが目白押し。
初めての家づくりで失敗しないためにも、プロのアイデアや助言が詰まった書籍を活用してスムーズに家づくりを進められたら理想的ですよね。

今回の記事では、注文住宅に関するたくさんの本の中から、必ず役立つおすすめ本をランキング形式(※)でご紹介していきます。
注文住宅を建てる際に知っておきたい「家づくりの基本」から、「間取り」や「設備」「外構」まで、各テーマ別におすすめの本をセレクトしています!

以下の記事を参考にしていただくことで、注文住宅を建てる際に役立つ本が何かわかると同時に、今後の家づくりの工程で活用できるおすすめ本の情報も得ることができるかと思います。

あなたの希望に見合った素敵な注文住宅を実現させるために、この記事がお役に立てたら幸いです。
(※ランキングは本記事執筆担当が実際に本を読んだ上でのおすすめ度合いをランキング化したものです。)

その前に、注文住宅を詳しく知るためにカタログを比較しながら調べてみませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

目次

1. 【家づくり全般・基本】編

家づくりを始めるには、必ず押さえておきたい基本事項や要点があります。

まず大事なことは家の構造や間取りの基本を押さえること、そして家づくりの流れや手順を理解すること、そして家づくりのイメージを固めていくことです。

以下では、それらが初心者にもわかりやすくまとめられている書籍を3冊セレクトしました。

それぞれの本のおすすめポイントについてレビューを詳しく記載していますので、くまなくチェックして気になる本があればぜひご一読ください。

1位)「住まいの解剖図鑑」:家の最適な構造とは何か?を易しく理解できる良書

住まいの解剖図鑑

住まいの解剖図鑑

増田 奏(著)
¥1,944
出版社: エクスナレッジ

玄関をはじめ、リビング、キッチンなど、住宅のデザインや約束事がどうしてそうなっているのか?その理由をわかりやすく解説し、どうしたらベストなのか回答を教えてくれる一冊です。

日本の家の設計には先人たちが積み重ねてきた知恵や工夫が凝らされていて、その結果が「なぜこうするのが良いか」という答えにつながっており、 ためになるコンテンツが満載!

ともすれば難しくなりがちな住宅設計のお話が550点を超えるイラスト(しかも著者直筆!)と共に語られていて、本の読みやすさと・内容の面白さの両面に拍車をかけています。

実はこの本、建築家であり大学教授でもある著者が建築を学ぶ学生向けに執筆した書籍でしたが、家を建てる人たちの間で「とっても参考になる!』と話題になり、版を重ねて売れ続けている本です。

これから注文住宅を建てるならば、この一冊を読めば家のプランニングの質が上がるであろう、おすすめの良書です。

2位)「はじめて家を建てました!」:ハウスメーカーの実態がわかる、入門書に最適な一冊

マンガ はじめて家を建てました!いちばん最初に読む家づくりの入門書

マンガ はじめて家を建てました!いちばん最初に読む家づくりの入門書

あべ かよこ (著)
¥ 1,543
出版社: ダイヤモンド社

家づくりについて全くの無知だった夫婦がハウスメーカーで二世帯住宅を建てるまでを描いた、リアルなマンガエッセイです。注文住宅を建てるまでの一連の流れがよくわかる内容になっています。

家づくりの主な工法7種類の長所短所から、業者探しのポイント、土地の法規制やローン返済のことまで、要点がマンガでわかりやすく説明されています。

とても参考になるのは、ハウスメーカー営業との実際のやりとりが詳しく描かれている点。

営業トークの裏に隠された事情や、おすすめの契約月の話など、実際に顧客として体験してみなければわからない情報ばかりで、住宅会社側の実態もよくわかります。

また、一度読んだだけではなかなか頭に入りにくい建築のルールやお金の話なども、ユーモラスなマンガ形式で読むことで頭にスルスルと入ってくるのも嬉しいポイント。

注文住宅について短時間で要点を押さえたい方にもぜひ一読をおすすめしたい、価値ある本です。

3位)「暮らしやすい家づくりのアイデア100」:プロのアイデアが満載。検討初期から後々まで使える一冊

暮らしやすい家づくりのアイデア100 2019

暮らしやすい家づくりのアイデア100 2019

建築家住宅 R+houseネットワーク (著)
¥ 1,296
出版社: エクスナレッジ

経験豊富な建築家が地元の工務店と一緒に家づくりを成功させた、21軒の住宅例を紹介しています。

「暮らしやすい間取りのアイデア」「理想のライフスタイルを叶えるアイデア」など、テーマに合わせた設計アイデアがすべて間取り図入りで掲載されていて、美しいビジュアルと合わせてとても参考になると思います。

また、LDKや土間、収納、サニタリー、テラス、外観、アプローチなど、エリアごとのおすすめアイデアも掲載。 読み込んでみるとわかるのですが、各写真に添えられているキャプションひとつひとつまで丁寧な取材をもとに書かれていて、建主の要望に応えている設計者の意図が伝わってきます。

家づくり初期のイメージ固めの時期から、間取り作成の時期、内装や外構を考える時期まで、たびたび参照したくなるような秀逸な一冊。建築家に依頼しないという方にも資料としておすすめです。

巻末にR+houseネットワークの全国の工務店リストも掲載されています。

2. 【資金計画】編

家づくりを始めると同時に考えていかなければならないのが、資金計画です。

多くの方が利用する住宅ローンについてはたくさんのノウハウ本が出ていますが、消費者側の立場からわかりやすく書かれているものはそう多くありません。

ここでは住宅ローンを組む予定ならば必ず読んでおいて損がない2冊と、家を建てるためにかかるお金のすべてがわかる実用書をご紹介します。

各レビューを参考にしていただき、必要な情報があればぜひチェックしてみてください。

1位)「住宅ローン 借り方返し方 得なのはどっち?」:施主目線の適切なアドバイスは必見。重要情報が詰まった解説書

【最新版】 住宅ローン  借り方・返し方 得なのはどっち?

【最新版】 住宅ローン 借り方・返し方 得なのはどっち?

平井美穂 (著)
¥ 1,512
出版社:河出書房新社

実際に住宅ローンの相談に応じているファイナンシャルプランナーが著した、最新の住宅ローン解説書です。

予算を立てる際に知っておきたい情報やローンで得する物件の選び方、審査や返済の話まで、住宅ローンの重要情報をすべて網羅しています。

中でも必見なのは、最新の金融事情を踏まえた金融機関や商品の解説の章。

この章が最も多くページが割かれており、「変動金利にするなら都市銀行とネット銀行のどちらが得か?」「フラット35Sと銀行の35年固定はどちらが有利か?」など、具体的かつ簡潔に根拠が述べられています。

マイホームを建てる際に建て主が疑問に思うクエスチョンが各ページの見出しになっているので、移動中などのちょっとした時間に気になったページから読み進めることができます。

2位)「家を買うときに『お金で損したくない人』が読む本」:住宅業界やFPには絶対書けない、家の買い方&ローンの選び方の本

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

千日 太郎 (著)
¥ 1,620
出版社: 日本実業出版社

現役の公認会計士が書いた、家を建てるための資金計画の指南書です。

自らが家を購入した際に失敗した経験を踏まえ、読者が家の買い方で後悔しないようにするための実直なアドバイスが散りばめられています。

例えば、「営業マンとのつきあい方・悪徳業者の見破り方」「価値の下がるエリアを事前にチェックする方法」「金融動向に左右されない住宅ローンの組み方」など、これから家を建てるなら絶対に知っておきたい情報ばかり。

「知っていると500万円得する節税と補助金」の章では、住宅ローン控除や金利の話、知らなければもらえない給付金のことなど、難しく書かれがちな内容を平易なことばでわかりやすく説明してくれています。

また、金利の考え方や今後の金利動向、保険の選び方など、目から鱗の情報も多く、読んでおけば銀行や保険会社との交渉時にも必ず役立つことでしょう。

3位)「『家づくりにかかるお金』のすべてがわかる本」:予算のかけどころ・省きどころを徹底解説!コストダウンの実用書

「家づくりにかかるお金」のすべてがわかる本

「家づくりにかかるお金」のすべてがわかる本

主婦の友実用No.1シリーズ (主婦の友社編集)
出版社:主婦の友社
¥ 1,620

土地・建物のお金、諸経費をいつ、いくら払うのか?から始まり、資金計画やプランづくりでコストを抑える方法を細かく解説している実用書です。

本のタイトルどおり、この一冊で家に関するお金がひと通り把握できる構成になっていますが、内容はどちらかというとハウスメーカーで建てたい方向け。

ですが、設備や仕様の選び方でコストがかなりコントロールできるというテクニックが紹介されており、工務店で建てる場合にも知っておけば役立つ内容が満載です。

最終章には本体工事費1000万円台で理想の家を建てた実例4軒(ナチュラルテイストの家)を掲載。 各お宅へのインタビューでは「お金のかけどころ・省きどころ」の本音が語られていて、参考になります。

3. 【業者選び】編

注文住宅の家づくりを成功に導くカギとなるのは、業者選びです。

ハウスメーカー、工務店、建築家のことなどネット上にも情報は溢れていますが、業界側からの意見が色濃く反映されているケースが多く、本音の詰まったリアルな情報を探すのにはひと苦労。

ここではハウスメーカーを中心に、建築会社の実態がわかるおすすめ本3冊をセレクトしています。

注文住宅の建築では、家づくりの初心者が百戦錬磨のプロが契約をすることになるのです。 実情を知っていて損をすることは何もありません。

ぜひ住宅会社を選ぶ前に、気になった本を一読されることをおすすめします!

1位)「誰も教えてくれないマイホーム建築の罠」:業者選びの前に読みたい!住宅業界の現状と対策を網羅した一冊

マイホーム建築の罠

マイホーム建築の罠

佐々木 孝 (著)
¥ 1,620
出版社 :太陽出版

住宅問題に対応するNPO法人の代表が書いた、住宅業界の裏表を包み隠さず伝える一冊です。

住宅建築について全くの素人の方が読むと衝撃的な内容がたくさん書かれていますが、土地や建物の契約前に読んでおくと、注意点などがよく把握できる良書だと思います。

特筆すべきは、住宅建築会社の現状の問題点とその対応策が書かれている点。 素人が騙されやすい点への対応方法が具体的に書かれており、施主側が後悔しないで家を建てることができるように指南してくれています。

見積もりのトラブルの解決法や、施主に不利な契約書の具体例など、知っておかなければスルーしてしまいそうな問題も取り上げている点も注目したいポイントです。

「住宅会社の選び方」については本の最終章で要点をわかりやすくまとめているので、住宅展示場を見に行く前にここだけでも目を通しておくことをおすすめします。

2位)「絶対にしくじらないハウスメーカー選び」:付録に施主のリアルな生声が満載!大手11社の実力比較

絶対にしくじらないハウスメーカー選び 大手11社徹底解剖!

絶対にしくじらないハウスメーカー選び 大手11社徹底解剖!

市村 博 (著), 市村 崇 (著)
¥ 1,836
出版社:廣済堂出版

一級建築士でホームインスペクター(住宅診断士)の著者が、最新の調査結果から大手ハウスメーカーの長所短所をまとめた本です。

他の類似本と異なるのは、各メーカーがパンフレットやホームページで謳っている内容が一体どういう意味なのか、実際に家づくりで実現されているのか、などを徹底的に検証している点です。

ネガティブな側面ばかりでなく各社の工法の優れた点や選ばれているポイントなども解説しています。

また、良い営業マンと出会う方法から営業トークの罠、施工に入る前の重要なハウスメーカーを知り尽くした著者だから書けるコンテンツが詰まっています。

巻末の袋とじ付録には、実際に家を建てた方々の本音トークが炸裂するアンケート回答を掲載。実際にインスペクション(住宅診断)をした結果が写真付きで解説されていて非常に参考になり、おすすめです!

3位)「最高のハウスメーカー&工務店選び2018」:住宅建築会社55社をレビューしたPDF形式のKindle本

最高のハウスメーカー&工務店の選び方 2018  人気55社の特徴と評判を一挙公開

最高のハウスメーカー&工務店の選び方 2018 人気55社の特徴と評判を一挙公開

船渡 亮 (著), ましゅ子 (著)
¥ 250
Kindle版: KAERU Publishing

建築士による、ハウスメーカーと工務店選びのノウハウをまとめた Kindle版PDF形式の本です。 住宅業界に起きる今後の動向を踏まえつつ、建築会社選びを指南しています。

「プロがやっている情報収集の方法」や「ハウスメーカー&工務店を知るための8つのリサーチ方法」など、家づくりの初期に知っていると役立つ情報も多く、スマートフォンでもサクサク読めるのでおすすめです。

圧巻なのはハウスメーカー&工務店55社の比較検討。 大手から中堅、ローコスト住宅メーカーを押さえているのはもちろんのこと、無地良品の家やR+house(後ほど紹介する書籍の著者である工務店さんです)まで、実に多彩な顔ぶれを紹介しています。

著者自身が工務店や建設会社で住宅設計を行ってきた経験があり、現在も建築士として施主と向き合っていることから、理想の相手を選びやすいように文章にも配慮を感じる一冊です。

4. 【間取り・設計】編

間取りを決めていく段階では、専門家によってかかれた解説書がとても役に立ちます。

なぜかと言うと、素人考えで間取りを組み立てると構造上不具合があったり、動線が効率的でない間取りになってしまうケースが多々見られるからです。 間取りは限られた期間の中で決めていかなければならないので、間取りの打合せに入る前に秀逸な書籍でノウハウをまず身につけておくことをおすすめします。

下記では、間取りを考える際に必ず役立つ良書3冊をご紹介しています。

各レビューに記載のおすすめの使い方を参考に、間取りづくりに役立ててください。

1位)「日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑」:設計事務所のノウハウを惜しげもなく公開した最新の間取り集

日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑

日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑

フリーダムアーキテクツ (著)
¥ 1,944
出版社: エクスナレッジ

設計事務所ならではの豊かな発想力で組まれた美しい間取り図鑑。

リビング・ダイニング、キッチン、洗室etc……各部屋ごとに章立てされていますが、間取りは全フロアされており、どんな動線でこの部屋を使うかが一目瞭然でわかります。

各章の主要な間取りは、立体間取り図が掲載されていて、イメージがしやすく、とてもわかりやすい! 例えばトイレだけでも12例の間取りが実例写真と共に紹介されているので、家づくり初期の段階でイメージを膨らませるのにも一役買ってくれること間違いなしです。

本のタイトルにもあるとおり「日本人が暮らしやすい」点にこだわった実例が合計222例されていて、読み物としても非常に面白い一冊です。

2位)「間取りの方程式」:初心者にもわかりやすく、魅力的な間取りの組み方を伝授

間取りの方程式

間取りの方程式

飯塚 豊(著)
¥1,944
出版社: エクスナレッジ

住宅建築のプロがまとめた、住宅の魅力的な間取りを組むための方法と手順を伝授する一冊。 心地よい住まいを作るために必要なセオリーをさまざまな側面から教えてくれます。

例えば、敷地内のどこに建物を配置したらよいかゾーニングしていく方法や、駐車場や玄関配置の考え方、機能的な水回りの配置パターンなど、暮らしやすい住宅に欠かせないポイントを多数掲載。

各部屋の詳細な間取りを具体的に考える前に、家の機能をベースに考える重要性に気づかせてくれます。

間取りづくりで役に立つ寸法のルールなども詳しく紹介されており、あとあと辞書のように活用できる間取りの基本を押さえた本です。

3位)「一生使える!住宅の高さ寸法」:こだわりの注文住宅に役立つ、高さ寸法別の住宅イメージ見本帖

一生使える! 住宅の高さ寸法

一生使える! 住宅の高さ寸法

建築知識 (著)
¥ 2,592
出版社: エクスナレッジ

こだわりが詰まった注文住宅を建てたい方におすすめの、ビジュアル満載の実例集です。

すべての写真に高さ寸法が記載されており、窓が床から何センチだとこんな雰囲気になるのか!といったことがイメージできる本になっています。

一見プロ用の本のような印象を受けますが、記載内容に難しいことはなく、注文住宅に取り入れたいと思えるアイデアがたくさん掲載されているのでおすすめです。

住宅の建築では寸法でイメージがガラッと変わってくるので、これから設計に入るという方はこの本が手元にあると参考になり、打ち合わせの際にも役立つ一冊となるでしょう

ところで、注文住宅を詳しく知るためにカタログを比較しながら調べてみませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

5. 【住宅デザイン】編

自由に設計できる注文住宅は、自分たちらしいデザインを施せるのも大きな魅力です。

自分たちにぴったりのデザインを見つける一番の方法は、優れた建築家の実例をたくさん見て探すこと。 ここでは注文住宅の建築デザインに役立つおすすめの本ベスト3をご紹介します。

第1位と2位は人気建築家の手がけた実例がコンパクトにまとまった、読み物としても大変参考になる事例集です。

第3位は美しい最新の住宅建築を紹介することに定評のあるムックシリーズです。

どの本も、現実に取り入れやすいデザインのアイデアがたくさん掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1位)「とっておき 住宅デザイン図鑑」:心地よい住まいを作るためのルール&アイデア全219例を紹介

とっておき住宅デザイン図鑑

とっておき住宅デザイン図鑑

長谷川順持 (著)
¥ 1,944
出版社: エクスナレッジ

人気建築家の実例住宅50軒、全219箇所のデザインを紹介しています。

写真にはデザインでこだわった部分に吹き出しコメントが付いていてわかりやすく、図面付きでどこから読んでも楽しめる構成になっています。

「片付く家の仕組みとしつらえのコツ」や「自分らしさをつくる部屋のひと工夫」など、注文住宅だからこそ叶えられる素敵な事例が多数掲載されており、こんな家に住みたい!と夢が膨らむこと間違いなし。

機能性と遊び心を兼ね備えた住宅デザインは、奇をてらうのではなく、あくまでもそこに住む人の快適さをベースに考えられており、きっと家づくりのヒントになる事例が見つかると思います。

雑誌よりひとまわり天地が小さめの本なので、バックに入れていつでも読みたくなる一冊です。

2位)「いつまでも美しく暮らす住まいのルール」:生活動線と収納に着目した、機能美ある家の実例集

いつまでも美しく暮らす住まいのルール

いつまでも美しく暮らす住まいのルール

水越 美枝子 (著)
¥ 1,728
出版社: エクスナレッジ

人気の女性建築家が実際に手がけた、美しい住宅の建築例が掲載されている実例集です。

「美しい住まいのカギは動線と収納の組み合わせにある」という著者のセオリーどおり、本の中では動線上の最適な場所に収納が設けられた機能美ある家が多数紹介されています。

本の中の約半分以上を動線と収納を含めた美しい実例写真に割かれており、玄関からキッチン、寝室までさまざまなケースを紹介しています。 ところどころ間取りの掲載がある点も、参考になるポイントです。

また、後半は美しく見えるインテリアのルールも紹介しています。 家づくりを終えたあとにも参考にしたいアイデアが盛り込まれたおすすめの本です。

3位)「モダンリビング」:最新の邸宅デザインを集めた美しいビジュアル満載のムック

モダンリビング ML WELCOME

モダンリビング ML WELCOME

Vol.6 (2018/10/6) 木の家で暮らそう
モダンリビング特別編集 ムック
¥ 1,000
出版社:ハースト婦人画報社

モダンリビング編集部の特別編集によるムックシリーズです。

毎号違ったテーマで特集が組まれていますが、最新号(2018年12月現在)での特集テーマは「木の家」。 木造注文住宅「重量木骨の家」から編集部が厳選して最新の邸宅施工例を紹介しています。

また、今号では、単に美しい木造住宅を紹介するのではなく、耐震性を兼ね備えた「耐震構法 SE構法」で建てる、地震に強い家づくりを特集しています。 住宅の「構造計算」についても分かりやすく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

日本古来から継承される「木の家」の今後の可能性や、工務店で建てる家づくりの楽しさなども豊富なビジュアルを交えて紹介されており、注文住宅の家づくりの参考書としておすすめです。

6. 【設備・仕様・材料】編

注文住宅では、設備から内装の仕様、材料選びが自由に行える点が魅力です。

初心者向けの書籍はそう多くありませんが、ここでは設備・仕様・建築材料などについてわかりやすく紹介されているおすすめの3冊をご紹介します。

設備や仕様、材料についての知識があるのとないのでは、選べる選択肢も変わってきますから、間取りを作成する頃からあらかじめ勉強しておけると理想的です。

家づくり初期の段階の方でも、目を通しておくと住宅内のイメージが膨らむのでおすすめです。

1位)「住まいの設備を選ぶ本」:設計前に読むのがおすすめ!設備と建材のムックシリーズ

住まいの設備を選ぶ本

住まいの設備を選ぶ本

2019 WINTER(2018/10/26)
雑誌 ¥ 590
出版社: リクルート

雑誌「注文住宅」をリリースしているリクルートのムックシリーズ。住宅の設備や建材選びに役立つ情報が毎号掲載されています。

今号では実際に家を建てた方々200人へのアンケートからわかった、最新の「コスパ最強設備」を総力特集。

設置することで年間2万4000円の水道代を節約できる省エネ食洗機や、プラス5万円弱で付けれらるタッチレス水栓(手をかざせば水が出るシステム)など、注目の設備が多数掲載されています。

また「設計士が惚れた本当に良い設備・建材」など雑誌の取材力が活かされた特集も要チェックです。

後半には「設備選びの基礎知識」と設備・建材メーカーの紹介ページが毎号掲載されており、巻末ハガキからカタログ請求ができるシステムになっています。

2位「明日から使える内外装マテリアル300」:建材・仕上げ材の効果的な使い方を詳しく紹介する実例集

明日から使える内外装マテリアル300

明日から使える内外装マテリアル300

伊礼智、川口通正、横内敏人ほか (著)
¥ 2,592
出版社: エクスナレッジ

住宅建築で使われる建材を、300を超える実例写真とともに紹介する見本帖のような一冊。

木/塗装・左官材/モルタル・セメント/タイル・サイディング/石/クロス・紙/金属/ガラス・樹脂の8つのジャンルから構成されており、各建材・仕上げ材を使う部位(天井や壁など)ごとにおすすめの使い方を紹介しています。

プロも活用しているであろうこの本ですが、紹介されている建材がすべて特注品ではなく著名建築家がセレクトした既製品なので、注文住宅を建てる施主にも大いに役立つ内容になっています。

例えば「クロス・紙」の項目ひとつを見ても、「塗り替えができる壁紙」や「クロスを家具や建具に使う方法」など、建築家ならではの視点からセレクトされており、読み物としても面白い本です。

3位)「REAL KITCHEN & INTERIOR 」:最新キッチン設備がわかる、洋書のようなビジュアルムック

REAL KITCHEN & INTERIOR SEASON 7  (リアルキッチン&インテリア 2018/11/22)

REAL KITCHEN & INTERIOR SEASON 7 (リアルキッチン&インテリア 2018/11/22)

小学館SJムック/本間 美紀ほか (著)
¥ 1,620
出版社: 小学館

キッチンに特化したインテリアと設備を紹介するムックシリーズです。

今号では3つの特集が組まれており、
・憧れのキッチンを叶えた8人の女性の実例
・日本で手に入るヨーロッパのキッチンガイド
・最新の高機能水栓&シンク
を紹介しています。

全ページを通して洋書のような美しいビジュアルを目にすることができ、8人の実例では施主のリアルなコメントが満載。
キッチンガイドは、東京・大阪で昨今ショールームが急増しているヨーロッパブランドの特集です。 秀逸なドイツブランド、センス溢れるイタリアブランドなど、日本にいながらにして手に入れることができるキッチンを紹介しています。

キッチンにこだわりたい方へおすすめしたい、年1回発行の大型ムック本です。

7. 【外観・エクステリア】編

注文住宅の外観やエクステリア(建物の外側を取り巻く空間)をイメージどおりに仕上げるには、やはり良い事例にたくさん目を通すことが重要です。

下記では、「住宅の外観」「玄関・門まわり・駐車場」「庭や植栽」に役立つおすすめの3冊をご紹介します。

外構やエクステリアは家づくりの後半になって考える方もいますが、門や駐車場の使い勝手や窓からの眺めなどにも影響がある部分なので、できれば家の構造と合わせて考えておけるとベストです。

1位)「センスを磨く! 住宅ファサードのルール 」:玄関、窓、ルーバーなど外観のみを集めた住宅実例180

センスを磨く! 住宅ファサードのルール

センスを磨く! 住宅ファサードのルール

エクスナレッジムック
¥ 1,944
出版社: エクスナレッジ

180軒の建築例を一軒1ページで紹介している実例集。 住宅ファサードとは外観全般を指し、この本では「アプローチ〜玄関」から「駐車場」「窓」「バルコニー」「外装」ほか7つのテーマ別に外観写真を紹介しています。

現代の住宅建築で使われる素材についても触れられており、一軒ごとの図面まで掲載。 道路の境界線からみた設置位置や、塀の高さなどが具体的にわかるように記載されており、読者の役に立つよう細やかな配慮がされた本になっています。

外観のみ、たくさんの好実例を見ることができるので、読み進めていくうちに住宅ファサードを見る目が自然に養われていくはず。住宅は見た目の印象でかなり変わるということを実感できる一冊です。

天地がスマートフォンほどの小さな正方形の本で、しかも軽量なので、家づくりの初期からバッグに入れて眺めるのにもよいでしょう。

2位)「荻野寿也の『美しい住まいの緑』85のレシピ 」:センスの良い庭づくりがわかる、家周りの植栽に特化した本

ALTタグ

荻野寿也の「美しい住まいの緑」85のレシピ

荻野 寿也 (著)
¥ 2,484
出版社: エクスナレッジ

今までありそうでなかった、家の周りの植栽や庭づくりに特化した本です。

シンプルだけれどセンスを感じさせる庭の実例が多数掲載されており、決して派手ではないけれど緑の樹木のある暮らしがいかに素敵かを教えてくれます。

「建築という器に、庭を生ける」という発想で最新の庭づくりのノウハウが紹介されており、家の図面と合わせて植栽を施すエリアまで書かれてあります。
また、実際に樹木を植えた場合のお手入れ方法や芝の管理の仕方などもきっちり紹介されていて、親切この上ない内容です。

本の最終章に「美しい住まいの植物図鑑」があり、140種の樹木や花・下草が掲載されています。 永久保存版にしたいおすすめの本です。

3位)「すてきな玄関・門まわり・駐車場 」:64のリアルな事例をテイストごとに紹介した実用ムック

雑誌「エクステリア&ガーデン」に掲載された施工実例の中から、人気の高かった「玄関・門まわり・駐車場」の実例をベースに、新規の掲載実例を加えたスペシャルムック本です。

テーマ別(シンプルモダン、ナチュラルモダン、洋風モダン、和風モダン、ナチュラル)に各項目が紹介されているので必要な情報を探しやすく、施工の日数や費用などのデータも掲載されているので参考になります。

また、玄関前のアプローチについての基礎知識や、各パートの工事コストを抑えるコツ、夜のライトアップで建物を引き立てる事例など、この本ならではのコンテンツも掲載されています。

発行が2016年と少し古いですが、この一冊で今現在できる外構のほぼすべてが網羅されいており、入門書としてもおすすめです。

8. まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、「家づくりの基本」から「間取り」や「設備」、そして「外構」に至るまで、7つのテーマ別に合計21冊のおすすめ本をご紹介しました。

注文住宅の家づくりでは良質な情報を集めることがとても大事になりますので、ぜひ上記を参考に、本選びを行ってみてください。

今回の記事をもとに、あなたが今求めている情報にぴったりの本が見つかり、家づくりがスムーズに進まれることを願っています!

最後に、注文住宅を詳しく知るためにカタログを比較しながら調べてみませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。