はじめての家づくりガイド

スモールハウスで平屋を建てるメリットは3つ!人気メーカーのスモールハウスを徹底比較

スモールハウスで平屋を建てるメリットは3つ!人気メーカーのスモールハウスを徹底比較

スモールハウスが大ブームなのをご存じですか? スモールハウスは一般的な一戸建てより小さな建物で、建築費用も300万円から、高くても1,000万円以下のものが多く、若い世代にも気軽に買える価格帯で販売されています。

本記事ではスモールハウスで平屋を建てるメリットと、スモールハウスで人気のメーカーを5社紹介したいと思います。

スモールハウスとは?

スモールハウスとは、その名の通り「小さな家」のこと。平均的な一戸建てとは違い「必要最低限」な間取りと設備を備えた住まいのことで、15畳以下の住まいをスモールハウスと呼んでいます。

湖上の家

スモールハウスの間取りには、バリエーションがあり、大きさも4.5畳〜6畳程度の小さなものから10畳〜15畳程度のものまで。住む人の人数や希望に合わせて自由に大きさが決めれます。

国内のスモールハウスといえば、無印良品の販売する「無印良品の小屋」が、スモールハウスブームの火付け役となりました。

無印良品の小屋

画像:無印良品の小屋(無印良品公式サイト)

上の無印良品の小屋は、キャンプ場内の宿泊施設ですが、「スモールハウスのおもしろさ」や住みやすさを体験するのにおすすめの場所です。

スモールハウスは大きく分けて三種類あります。まず一つ目は、基礎が付いたスモールハウス、二つ目は車で牽引できるトレーラーハウス、三つ目はキャンピングカータイプのスモールハウスです。

日本のスモールハウスは、基礎のついた住まいがほとんどですが、アメリカや海外の場合は牽引できるトレーラーハウスやキャンピングカータイプの住まいも多く、安く快適に住みたい若者や「旅行が好き」という方の間で人気があります。

このほか、コンテナをスモールハウスに改造して住む人たちもいます。例えば、5畳分のコンテナを購入し、窓や床、壁などを施工し、キッチンやトイレ、シャワーなどの水回りを備え付けて、約300万円程度で住まいが持てます。

スモールハウスで平屋を建てるメリットは3つ!

スモールハウスで平屋を建てるメリットですが、まず1つ目は建築費用が安いこと。

2つ目はローンや頭金の負担無く、気軽に一戸建てが購入できること。

3つ目は「デザイン性の高い」スモールハウスが増えており、シンプルで無駄のない作りが今の若い世代のライフスタイルにマッチしているという点にあります。

    スモールハウスで平屋を建てるメリット
  • 建築費用が安い
  • ローンや頭金の負担無く、気軽に一戸建てが購入できる
  • デザイン性の高いスモールハウスが増えている

スモールハウスは平屋だけ?二階建ては無い?

スモールハウスの多くは平屋だけです。中には二階建てタイプのスモールハウスもありますが数は少ないです。

海外でもスモールハウスは大人気!

スモールハウスの人気は日本だけに留まりません。実はアメリカをはじめ、北米ではスモールハウスが大人気! 

海外ではスモールハウスのことを「タイニーハウス」と言い、Netflix(ネットフリックス)では、タイニーハウスをテーマにした番組が放送され、大ブームとなっています。

タイニーハウス

画像:タイニーハウス〜大きなアメリカの極端に小さな家〜(Netflix)

この番組はスモールハウスに興味がある方に「ぜひ見て欲しい!」とおすすめしています。スモールハウスの本場、アメリカのバラエティー豊かなスモールハウスが見れるほか、セルフビルドなど「手作りで家を建てたい」方に向けて、施工のヒントがたくさん詰まっているからです。

参考リンク:タイニーハウス〜大きなアメリカの極端に小さな家〜(Netflix)  

スモールハウスの価格をタイプ別に比較

日本でスモールハウスを建てた場合、どのくらいの費用が掛かるのか。平屋、二階建てなど、家のタイプや大きさ別に価格の目安を見ていきましょう。

スモールハウス(平屋)の価格

スモールハウス(平屋タイプ)の場合、代表的なメーカーの価格を元に「いくらで買えるのか」調べてみました。

スモールハウスの価格目安

メーカー 価格
無印良品 300万円〜336万円
スノーピーク 300万円
Tiny House KIBAKO(タイニーハウス キバコ) 195万円〜240万円
BESS「第三のトコロ IMAGO」 108万円
アメリカンホームシステムジャパン「キャンピングドーム」 133万円

このように、人気のスモールハウスでも100万円〜300万円前後で購入できることが分かりました。もちろん土地代によって実際の価格は変わりますが、オシャレなスモールハウスが300万円までの価格で手に入るのには驚きです!

スモールハウスは自作できるってホント?

スモールハウスは、キットを購入すれば自作もできます。

自作スモールハウスのキット価格

自作スモールハウスのキット価格ですが、こちらも人気メーカーのキット価格を調査してみました(※ 実際にどのような小屋が建てられるのか、商品名をクリックすれば、手作りキットの画像が確認できます)。

手作りできる!スモールハウスのキット価格目安

メーカー 商品名 価格
株式会社ビックボックス シエル 114万円
家屋本舗 10畳タイプ 100万円
ジェイスタイル・ガレージ株式会社 ボートハウス6×12タイプキット 52万円
ベストログ研究所 リルー 55万円

このようなキットを購入し自分で組み立てることもできますが、キットを販売するメーカーに依頼をすれば、自社の工事担当者を手配したり、提携する施工業者を紹介してくれます(工事は有料)。

スモールハウスの有名メーカー一覧

ここからは、スモールハウスの有名メーカーを5社紹介します。

無印良品

無印良品の小屋は、MUJI HUT(ムジハット)と言います。

MUJIHUT

画像:無印良品の小屋(無印良品公式サイト)

無印良品の小屋は、沖縄県を除く全46都道府県に設置可能。注文は無印良品 銀座、無印良品 名鉄名古屋、無印良品 グランフロント大阪、無印良品 広島パルコ、MUJI キャナルシティ博多にて受付可能です。

「無印良品の小屋」詳細

区分 詳細
商品名 無印良品の小屋
価格 300万円〜336万円
間取り 公式サイト参照
展示場 無印良品銀座ほか
カタログ 店舗にて問い合わせのこと、または公式サイト参照
会社名 株式会社 MUJI HOUSE、MUJI HOUSE Co.,LTD
所在地 〒170-8424 東京都豊島区東池袋4-26-3
設立 2000年5月31日
主な事業 無印良品の家を中心とした住空間の直営及びネットワーク事業の運営/商品企画/開発/卸し及び販売
登録許可 一級建築士事務所 東京都都知事登録 第49234号、一般建設業 国土交通大臣許可(般-1)第27454号、宅地建物取引業者 東京都知事(3)第84023号
公式サイト https://www.muji.com/jp/mujihut/

「無印良品の小屋」の展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:無印良品の小屋(公式サイト)

スモールハウスデザインラボ

スモールハウスデザインラボ(SHDL)は広島のデザイン会社です。スモールハウス以外にも住みやすく、おしゃれな住まいの提案で人気があります。

スモールハウスデザインラボ

画像:スモールハウスデザインラボ(SHDL)

上の画像は、スモールハウスデザインラボの手がけるSASAHOUSEと言います。この写真のスモールハウス以外にも、さまざまなデザインのスモールハウスを手がけており、サイトを見ているだけでも「こんな、スモールハウスを建てたい!」という気持ちになります。

スモールハウスデザインラボの詳細

区分 詳細
商品名 SASA HOUSEほか、公式サイト参照
価格 公式サイト参照
間取り 公式サイト参照
展示場 公式サイト参照
カタログ 要問い合わせ
会社名 スモールハウスデザイン ラボ
所在地 〒730-0802  広島県広島市中区本川町2-1-31 岡部ビル1F
設立 2000年5月31日
主な事業 注文住宅設計/監理 、リフォーム設計/監理 、店舗デザイン/設計監理 、家具デザイン/設計
代表 田中 健二 (略歴/1977年 広島県生まれ。97年 穴吹デザイン専門学校卒業。97年 スペースNA。2005年 株式会社リビルド。06年 SHDL設立)
公式サイト http://www.shdl.jp/

スモールハウスデザインラボの展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:スモールハウスデザインラボ(公式サイト)

スノーピーク

キャンプ用品で人気の高いsnow peak スノーピークが、スモールハウスを手がけています。スノーピークのスモールハウスは、ミニマムなデザインと木のぬくもりを感じさせる内装に特徴があります。

スノーピーク

画像:snow peak スノーピーク

スノーピークのスモールハウス概要

区分 詳細
商品名 JYUBAKO(重箱)
価格 300万円
間取り ワンルーム
展示場 スノーピーク 二子玉川、スノーピーク 横浜みなとみらい、スノーピーク 武蔵小杉、スノーピーク ALBi大阪、スノーピーク 太宰府、スノーピーク 丸の内、スノーピーク 京都藤井大丸
カタログ 各店舗またはネットにて問い合わせ
会社名 株式会社スノーピーク
所在地 〒955-0147 新潟県三条市中野原456 
設立 1958年7月
主な事業 アウトドア製品の開発・製造・販売、アパレル製品の開発・販売
登録許可 公式サイト参照
公式サイト https://www.snowpeak.co.jp/sp/jyubako/

スノーピークのスモールハウスの展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:snow peak スノーピーク(公式サイト)

casa cago

casa cagoのスモールハウスは、住まいとしての耐久性や安全性はもちろん、デザイン性の高さに定評があります。なおスモールハウスという概念を超えて、和室や団らんの部屋、機能性の高いキッチンなど、他社にはないこだわりが感じられます。

casacago

画像:casa cago(公式サイト)

なお、同社では5つのデザインから選択でき最も安いものでは270万円から、最も広い間取りのスモールハウスについては1,497万円と目的や予算に合わせて住まいの形が選べます。

casa cagoのスモールハウス

区分 区分
商品名 casa cago
価格 270万円〜1,497万円
間取り 5つのプランから選べる / 公式サイト参照
展示場 公式サイト参照(宿泊できる展示場あり)
カタログ 公式サイト参照
会社名 カーサ・プロジェクト株式会社
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-11
代表者 縣 桂一郎
主な事業 商品住宅の企画・開発、オリジナル部材の企画及び開発そのほか
登録許可 公式サイト参照
公式サイト https://www.casacago.com

「casa cago」の展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:casa cago(公式サイト)

BESSのスモールハウス

BESSはもともと、ログハウスで有名なメーカーですがスモールハウスも手がけており、木のぬくもりが感じられる「温かみのある住まい」で人気があります。

BESS

画像:BESS(公式サイト)

BESSでは、従来のログハウスの概念にとらわれない、自由な設計のLOG HOUSEやスモールハウスが注文できます。別荘をお探しの方にもおすすめのハウスメーカーです。

BESSのスモールハウス

区分 詳細
商品名 WONDER DEVICE、G-LOGなつ、COUNTRY LOGほか、公式サイト参照
価格 公式サイト参照
間取り 公式サイト参照
展示場 公式サイト参照
カタログ 公式サイトより取り寄せ可能
会社名 株式会社 アールシーコア(R.C.CORE CO., LTD.)
所在地 153-0042 東京都目黒区青葉台1-4-53
設立 1985年(昭和60年)8月
主な事業 自然派個性住宅の企画・製造・販売、分譲住宅・宅地の企画・販売、別荘タイムシェアの販売及び運営管理
登録許可 建設業許可番号 国土交通大臣許可(特-29)第24712号、宅地建物取引業免許番号 国土交通大臣ほか(公式サイト参照)
公式サイト https://www.bess.jp

BESSのスモールハウスの展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:BESSのスモールハウス(公式サイト)

番外編|スズキハウス

番外編として、スズキハウスのスモールハウスを紹介しておきましょう。スズキハウスは、一般的な注文住宅、分譲住宅、規格住宅のほかにも、ミニハウスや平屋建て住宅の販売で知られるメーカーです。

スズキハウス

画像:スズキハウス(公式サイト)

上のSCOREは、スズキハウスの新しいミニハウスで、1.37坪タイプと2.20タイプの二種類からデザインが選べます。

価格は公式サイトに書かれていませんが、同じくスズキハウスのミニハウス1.53坪が60万円なので、SCOREも100万円を切る低価格なのではと言われています。実際の価格は最寄りのスズキハウス販売店に問い合わせてみてください。

スズキハウス

区分 詳細
商品名 SCOREほか多数
価格 公式サイト参照
間取り ホールタイプ、ガレージタイプ、ショップタイプほか
展示場 全国のスズキハウス展示場、ホームセンター、量販店などで展示中
カタログ 公式サイト参照
会社名 株式会社スズキビジネス
所在地 〒424-0067 静岡県静岡市清水区鳥坂1275-1
設立 1967年12月6日
主な事業 住宅事業部ほか、公式サイト参照
登録許可 宅建業許可番号 静岡県知事(15)第1254号、建設業許可番号 国土交通大臣(特-30)第20553号 一級建築士事務所 登録番号 静岡県知事登録(4)第6028号
公式サイト http://www.suzuki-house.jp/score.html

「スズキハウス」の展示場、建物・工事費用、施工の詳細は、以下公式サイトを参照してください。

参考リンク:スズキハウス(公式サイト)

スモールハウスで注意したいこと

スモールハウスを建てる場合、工事費用とは別に「土地代」が必要です。スモールハウスを建てる費用は安くても、住む場所で土地代が変わってくるので「トータルでの費用」を先に見積もり、予算や条件に合う場所でスモールハウスを建てましょう。

まとめ|スモールハウスなら一戸建てが無理なく買える!

スモールハウスなら、若い世代の方も無理なく一戸建てが買えるので良いですね。

大きな一戸建ての場合、頭金だけで1,000万円近く貯める人もいますが、スモールハウスであれば、頭金の値段で理想とする住まいが手に入ります。

また、住宅ローンなどの負担もなく(自分の貯めたお金で)憧れの一戸建てが手に入ります。

またセルフビルドが好きな方は、手作りで住まいが持てるというのも嬉しいところです。魅力いっぱいのスモールハウス、メーカーによっては「泊まれる展示場」もあるので、あなたもぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか?

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。