はじめての家づくりガイド

静岡で注文住宅を建てるなら!評判のハウスメーカー・工務店10選

静岡で注文住宅を建てるなら!評判のハウスメーカー・工務店10選

よく「家は3回建てなければ成功しない」と言われます。ほとんどの人は家づくりは初めての経験になるので、素人にはそれだけ難しいという意味なのですが、中には1回で満足のいく注文住宅を建てたという人も。満足できる家を建てられるかどうかは、良きパートナーとなる住宅会社と出会うことができるかが大きな鍵となります。

今回は静岡県で注文住宅で優れた実績を持つハウスメーカー・工務店をピックアップ。業者選びのポイントや注文住宅の基礎知識をまとめました。

この記事がおすすめできる人

  • 静岡で注文住宅を建てようと考えている人
  • 静岡で注文住宅会社を探している人
  • 静岡で評判の注文住宅会社の特徴が知りた人
  • 優良な業者の見極め方が知りたい人
  • 家を建てる際に知っておきたい基礎知識を学びたい人

なお以下の記事でも「注文住宅」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

注文住宅に強い静岡の人気工務店・ハウスメーカーまとめ

静岡県で注文住宅を得意とする工務店やハウスメーカーを調査。その中で施主の要望をしっかりヒアリングした上で理想の家づくりをサポートしてくれる優良会社を10社ピックアップし、その特徴について紹介します。

オレンジハウス静岡

オレンジハウス静岡

※画像引用元:静岡市の新築・注文住宅はオレンジハウス静岡

静岡市、藤枝市、焼津市、島田市を施工エリアとして注文住宅を手掛けている工務店です。ショールームを兼ねた本店を含め静岡県内に計4店舗を展開。新築だけでなくリフォーム・リノベーションにも対応しています。

キューブ型のシンプルデザインや北欧スタイルの家を得意としており、10種類以上あるラインナップの中から好きなテイストのものを選ぶことができます。またオプションで耐震・耐久性が高い長期優良住宅認定の家にも対応しています。

初期の相談から契約、施工、引渡しまでワンストップでサポートしており、専任担当だけでなく設計士とも打ち合わせをして完成を目指せます。完成見学会を随時開催しているので参加してイメージを膨らませることもできます。

セキスイハイム東海

セキスイハイム東海

※画像引用元:静岡県のハウスメーカー・注文住宅816は【セキスイハイム東海】

静岡県の戸建て住宅建築実績が17年連続第1位を誇るハウスメーカーで、分譲住宅・マンションの販売も行っています。本社がある浜松市を始めとして静岡市、静岡市、富士市、藤枝市など6つの支社を設置して県内全域をカバーしています。

商品ラインナップは大きく鉄骨系の家、木質系の家に分かれており、ソーラーハウスやシンプルモダンの家、平屋から二世帯住宅までバリエーションが豊富。大半を工場で造るユニット住宅なので施工期間が短くて済みます。

アフターサービスについては、エリア会社が地域密着体制で対応。24時間365日電話・メール受付や、引渡しから最長30年間の長期保証、無償で定期診断を60年間行うなどサポートがしっかりしているので安心です。

アトリエサクラ

アトリエサクラ

※画像引用元:【公式】アトリエサクラ|静岡の注文住宅の工務店

静岡市を中心に完全自由設計の注文住宅を手掛けている住宅設計・施工会社です。2005年に建築設計事務所からスタートし現在では一般住宅のデザイン・設計施工から不動産の売買及び仲介まで幅広く対応しています。

優れた設計力・提案力があることはもちろん、優良木材の選定や第三者機関による施工監査を全棟実施するなど品質にも気を配り、伝統的な在来工法に新技術を融合した剛床工法を採用することで耐震性を高めています。

自由設計なので狭小地であってもゆったり感を出す工夫をしたり、完全分離型の二世帯住宅など思いのままの家づくりが可能。ショールームやモデルハウスで情報公開しているので、手がけた家を確認することができます。

納得工房住宅

納得工房住宅

※画像引用元:静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士市・静岡市・浜松市・三島市

静岡県富士市に本社を置く地域密着型の住宅会社で、県内には静岡市、浜松市、清水町、掛川市に店舗展開。掛川市には別途モデルハウスもあり、営業エリアは東部、中部、西部も合わせほぼ全域に対応しています。

納得工房住宅の家づくりにはこだわりがあります。施主のライフスタイルに合わせたデザインや、無垢材や漆喰などの自然素材の採用、また東海地震の発生も想定した耐震・耐久施工など安全で快適な暮らしを第一にした住宅を目指します。

さらにコスト削減にも注力しており、広告宣伝費や人件費を抑えながら年間100棟建築のスケールメリットと独自の流通ルートで直接仕入れを行うなど、品質を落とすことなく購入のしやすさもしっかり考えられています。

百年住宅

百年住宅

※画像引用元:百年住宅|静岡・宮城・愛知の高耐震な新築注文住宅ハウスメーカー【静岡市,浜松市,富士市,三島市,名古屋市,一宮市,春日井市,仙台市,石巻市等】

百年住宅は耐震性の高さを追求した注文住宅づくりを行っているハウスメーカーです。東北から九州地方まで広範囲をカバーしますが、静岡市が本社で東海地震が心配される静岡・愛知エリアに特に力を入れています。

高い耐震性を実現するために鉄筋コンクリート造りが基本で、施工実績累計は20,000棟。自由設計住宅シリーズではフリー2階建、フリー3階建、ルーフプラスワン、ルームプラスワンなどのラインナップがあります。

プレキャスト鉄筋コンクリートパネルや箱形構造のWPC工法は、耐震性能に加え耐火、耐水・耐風、気密・断熱、遮音性能にも優れ、業界では他に例を見ない主要構造体35年無償保証付きで、70年目まで無料点検もあるので安心です。

ARRCH

ARRCH

※画像引用元:こだわりの完全注文住宅|静岡県浜松市のARRCH(アーチ)by白都建設

ARRCHとは浜松市を拠点として静岡で営業展開する、有限会社マルハ白都建設の注文住宅事業部のことです。大手ハウスメーカーの基礎工事担当会社としてのノウハウと、一級建築士の設計デザイン力を生かした家づくりを行います。

建築家とつくるARRCHの注文住宅は、「らしさ」を大切にした暮らしのデザインと快適に住むための住宅としての性能にもこだわっています。住宅の基礎から気密・断熱、耐震、耐久まで満足のいくレベルになるまで妥協しません。

また高価格になりがちな高性能の注文住宅の価格を下げるために、部材仕入れをメーカー直のWebシステム発注にすることで人件費や倉庫費などをカット。中間マージンが発生しないため低価格化が可能となっています。

住宅工房コイズミ

住宅工房コイズミ

※画像引用元:R+house静岡葵・静岡駿河|静岡の注文住宅[住宅工房コイズミ]

静岡市葵区・駿河区で完全自由設計のデザイン注文住宅を提供する住宅メーカーです。資金計画の相談から設計、施工、保証・アフターサポートまで対応し、長年の経験を積み重ねてきた建築技術の高さを強みとしています。

住宅工房コイズミが提案する「R+house」とはアトリエ建築家と家づくりを行う仕組みのことで、敷居が高いイメージが強い専門家と一緒に考える住まいを、手の届く価格で提供することでより身近なものにしています。

建築家が構造計算をして建てる住宅は耐震等級3を確保。また「R+パネル」と呼ばれる面全体で力を支える壁パネルの採用で耐震性も高く、標準採用している砕石パイルは液状化による建物被害を低減する効果があります。

アイムホーム松尾工務店

アイムホーム松尾工務店

※画像引用元:静岡県の注文住宅ならアイムホーム松尾工務店

地元静岡で、長年木造住宅に特化して家づくりを行ってきた工務店です。幸せに暮らせることを一番に考え、一級建築士の代表が直接ヒアリング行った上で、施主それぞれのライフスタイルに合わせた住宅を提案します。

標準仕様にカスタマイズ性を加えたセミオーダーの家「Misfy」や完全自由設計のフルオーダーの家「ひだまり」など、要望や予算に応じてプランを作成。高額な宣伝費をかけないので、安心の価格で高性能の家が実現します。

建てる家はすべて長期優良住宅基準をクリア。耐震と制振の両方を考えたevoltzや基礎断熱工法と吹付断熱フォームの採用、さらに高性能アルミ遮熱シートにより酷暑でも快適に過ごせるといった内容が標準仕様に組み込まれています。

静鉄ホームズ

静鉄ホームズ

※画像引用元:静岡の注文住宅なら静鉄ホームズ | 静岡の注文住宅なら静鉄ホームズ

静岡県焼津市の本社を中心に、県内中東部および西部の一部に注文住宅を提供しているハウスメーカーです。藤枝市や静岡市、富士市、三島市の各住宅展示場にはモデルハウスも出展し積極的に営業活動を行っています。

セミオーダーの注文住宅が基本で、テイストの異なる5つの外観デザインに75のプランを用意。選び抜かれた標準仕様にさらにこだわりを加えたい場合は、異なるプランの組み合わせができるカスタマイズも可能になっています。

構造はツーバイフォー工法がベースとなっているため耐震・耐風性能に優れており、外壁通気工法による遮熱効果や床材の下に制振遮音シートを挟み込むなど住宅性能が高く、国が認める長期優良住宅にも対応しています。

久保田建設

久保田建設

※画像引用元:久保田建設|注文住宅・工務店|日本|静岡市

焼津市、藤枝市、島田市など静岡県中部を対象エリアとして注文住宅や店舗などを施工している地元密着型の総合建設会社で、一級建築士事務所・工務店としての機能も持ち合わせ、すでに50年以上営業を続けています

住宅や各種インテリアの工事だけでなく、道路や河川などの土木工事なども手掛けてきたたため、建築技術のレベルが高いのが特徴。在来工法やツーバイフォーはもちろん鉄骨造や筋コンクリート造の住宅建築にも対応しています。

子どもと暮らすかわいい空間づくりや、自然素材を使ったナチュラルテイストの住まい、立体的構成を考えたスキップフロアのある家など、イメージが明確になっていれば経験豊富な建築デザイナーが丁寧に設計を行うので安心です。

業者選びで押さえておきたいポイント

電球と人差し指

注文住宅を依頼する業者を選ぶ際、事前に抑えておきたいポイントを解説します。

業者の種類

注文住宅を依頼する先としては工務店、ハウスメーカー、建築事務所があります。これらは明確な定義付けがあるわけでなく、どこに分類されるかわかりにくい場合もありますがそれぞれの特徴を理解しておくことは大切です。

工務店

大工の棟梁がいて現場で職人たちが作業するイメージがある工務店ですが、今は50名くらいまでの施工会社のことを指すことが多くなっています。地域密着型の会社が多く、その土地の特性をよく理解しているというメリットがあります。

工務店に依頼する場合は、設計から施工まですべて任せることになります。会社によって設計・デザインや技術面で差が生じることもあるため、得意分野を調べたり施工実績を事前に確認しておくことが必要です。

ハウスメーカー

一般的に、知名度があって派手な広告や住宅展示場にモデルハウスを出店するなど、営業面に力を入れている大手住宅会社のことを言います。規格化住宅を販売するケースが多く工事期間が短縮できるメリットがあります。

ただし広告宣伝費をかけるため建築費は高め。カスタマイズできる注文住宅を建てる場合は、地域の工務店が工事を担当することもあります。標準設備などが決まっているのでその内容が納得できるなら話を進めやすいです。

建築事務所

建築家や設計士が在籍し、設計やデザインを専門に行なっている会社のことです。基本的には施工とは独立しているため工事は提携している工務店などに依頼します。デザイン性が高く依頼主側に立った設計ができるメリットがあります。

また建築事務所には、施工会社が設計した図面通りに工事を行っているかどうか監理する役割もあり、手抜き工事が発生しにくいですが設計監理料が別途必要になるため、工務店に依頼するよりもコストは高くなります。

優良業者を見極めるコツ

家づくりは通常は一生の中で何回も経験することではないため、一般の人が業者を見分けるのは難しいかもしれません。そこで未経験でも簡単に優良業者を見極めるために、どの点に注目すればよいかをまとめました。

実績や評判、見積もりの金額を過信しない

注文住宅会社を調べていくと実績や評判、価格が安いなどさまざまな情報が目に飛び込んできます。これらを全く信じてはいけないということはありませんが、常に参考程度に考えるという習慣を身につけておくと後悔しません。

実際に契約する段階になって提示される会社からのデータは信用できますが、インターネットでの口コミや広告宣伝の文言には極端に表現されているものも少なくありません。話半分くらいに考えておくと、こんなはずじゃなかったということにならずに済むでしょう。

人間的な相性を重視する

人と人との付き合いでも相性の善し悪しがあるのと同じで、相手が会社でも合う合わないがあります。会社としてある程度の規模があり、施工実績も豊富で技術スキルが高い会社でも人間的な相性が悪ければやめるべきです。

もちろん担当者によって違いますから、一部に態度が悪い人がいるだけですぐに結論を出すのは早すぎるかもしれません。何人かと接するうちに会社としての風土や姿勢がわかってきますので、そこで判断するとよいでしょう。

ここぞと思うパートナーが見つかるまで諦めない

相性とも関連するのですが、家づくりを依頼する会社は人生の中での大きなイベントのパートナーであるという認識をするべきです。まあいいかと考えて妥協して決めてしまうと、後になって失敗したと思うことになります。

注文住宅は完成したらそれで終わりということになりません。定期点検や将来リフォームを行うことを考えれば一生のお付き合いになるかもしれません。諦めずに探すこと、少なくとも疑問点を残したまま決めないことが重要です。

理想の注文住宅を実現するために知っておきたいこと

家の絵を描く男性

注文住宅は黙っていても完成には近づきません。自分で考えをまとめ積極的なコミュニケーションが必要です。そこで施工会社と家づくりの相談をする際に施主としてやっておくべきことや心構えをまとめました。

イメージを固めるコツ

注文住宅を建てる際に最初にやるべきことは、家のイメージを固めることです。間取りや外観、設備など施工会社から要望を聞かれた時にすぐに答えられる状態にしておくのがベストです。

なかなか決まらない場合は、とにかくネットや住宅雑誌、住宅展示場でいろいろなパターンを見ておきます。その上で、現在の住まいの不満点の洗い出しを行います。それを解決する方向が家づくりのこだわりポイントになります。

また家族の意見がバラバラだといつまで経ってもまとまりませんので、勝手に決めずに徹底的に話し合って情報共有しておくことが大切です。

間取りの考え方

間取りを決めるのは非常に難しい作業ですが、生活のしやすさに直結する部分ですので家づくりでは重要ポイントの一つです。要望を伝える際は、なぜそうしたいのか理由を添えるようにします。

そこにはプラベートな空間がほしい、子供が成長してもそのまま使える工夫をしたいなどこだわりや要望があるはずです。設計者はそれをもとに最良の間取りを考えてくれます。

間取りの平面図だけだとイメージしにくいですから、動線を書き入れたりある場所に立った時にどういう景色が見えるかなど目線も考えますできるだけ立体的に考えると間違いが起きません。

打ち合わせの注意点

打ち合わせの際はこちらの要望を押し通すだけでは、最終プランが決定しません。実現できない点は代替案がないか確認したり、頭を切り替えて別の視点で考えながら納得できる方向を考えます。

最も重要なのはこちらのイメージが正しく伝わっているかという点です。イメージの共有ができていないと、本当に求めているものと違う提案をされてしまうからです。

意見が合わず話がストップするような場合は、まず相手の説明をよく聞き、お互いが納得するまで話し合いを続けます。提案力がないと言ってばっさり切ってしまうとそこで終わってしまいます。

コストダウンのコツ

家づくりには予算がありますので、コストダウンをするための交渉が必要になることがあります。時にはこちらが妥協することで価格を下げるということもあるかもしれません。

安くして欲しいとお願いするだけでなく、どこにお金がかかっているかを把握してください。工数がかかるとその分費用もかかりますので、コストを抑えたいのであれば外観や内装をできるだけシンプルにするのがおすすめです。

こだわり部分は妥協できませんが、意外とどうでもよい部分に工数をかけていることもあります。箱階段にしたりオープンな間取りにすることでコストダウンにつながりますので、ぜひ積極的に施工会社に相談をしてみましょう。

まとめ

ここで紹介している静岡のハウスメーカーや工務店は利用者からの評判もよく、施工技術や実績もしっかりあるところをセレクトしています。東海地震を意識した設計など静岡ならではの特徴をもつ会社もあります。

どの会社が自分に合っているかを見つけるのはなかなか難しいですが、業者選びで知っておくと役に立つポイントや、注文住宅の建築を進める上で施主としてやっておきたいことなど、ここで紹介したことを参考にしていただければ幸いです。

本記事のお役立ちサイト一覧
住宅関連のニュース
あなた向けの住宅関連情報
住宅関連の統計データ
住宅ローン関連情報
住宅関連の補助金・助成金
住宅事業者の関連情報
Twitterアカウント
YouTubeチャンネル

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。

ガイド・建築事例を検索してみましょう。