はじめての家づくりガイド

お子様の騒音対策!注文住宅の音漏れで失敗を避ける3つのコツ

view 863
お子様の騒音対策!注文住宅の音漏れで失敗を避ける3つのコツ

騒音対策は、家を建てる前からはじめましょう。建てたあとで騒音が気になるようでは、(騒音が原因の)ご近所トラブルが心配です。

実際に、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、走り回る音や家族との会話が外に漏れやすく「騒音対策」には人一倍気を配る必要があります。

本記事では注文住宅の音漏れで失敗をしない3つのコツを紹介します。

子どもの生活音はこんなにうるさい

お子さんの多いご家庭では、生活音が外に漏れないよう気を使いましょう。特に住宅が密集した地域や共同住宅(マンション・アパート)の場合は、隣家や階下の家に迷惑を掛けないよう、騒音対策を徹底する必要があります。

騒音が原因、ご近所トラブルの例

住まいの音漏れが原因で「ご近所との関係が悪化」するという、騒音トラブルは珍しくありません。特に小さな赤ちゃんの泣き声、子どもが叫ぶ音、走り回る音に対して、敏感に反応する人がいます。

また集合住宅の場合は、階上・階下・隣家の騒音で住民同士が口論・ケンカになることも多く、大家さんや管理会社は「どのように問題を解決すべきか」頭を悩ませています。

賃貸であれば引っ越しもできますが、購入した物件については「問題解決できない」現状があります。

騒音対策でおすすめの方法

騒音対策でおすすめなのは、家を建てる前から「防音対策」を施す方法です。新築であれば、設計の段階で隣家や近隣住民の迷惑にならないよう、防音効果の高いサッシや壁を使用する、大きな音のでる部屋は屋外に接しないよう間取りを工夫するなどの防音対策があります。

騒音対策① 床や壁、天井の防音

床や壁、天井に吸音材を入れる方法や、遮音タイプの壁を取り入れるほか、木造住宅であれば(コンクリートや他の建材よりも)防音効果が高く、音漏れの心配がありません。また隙間無く施工をすれば、騒音を最小限に抑えられるので安心です。

騒音対策② 窓やサッシの防音

防音効果の高い、専用の窓やサッシがあります。こうした窓の防音効果は、家の音漏れだけでなく、外からの音もシャットアウトしてくれるので、静かな環境で暮らしたい方におすすめの防音対策といえます。

また窓やサッシの防音は、窓の大きさや位置、二重窓、二重サッシを取り入れるなどの方法があるので、ハウスメーカーや施工業者と相談しながら、防音効果の高い建材を取り入れましょう。

騒音対策③ 出入り口の防音

玄関や勝手口から音が漏れないよう、防音ドアや二重窓を使って防音対策を施しましょう。特にリビングや寝室の音漏れが気になる方は、廊下と部屋の間にもう一枚扉を設置しておくと安心です。

騒音対策が起こらない間取りとは?

騒音が気にならない間取りにするには、ハウスメーカーや業者に相談をするのが一番です。わたしたち素人だけでは、「防音対策」に効果のある間取りは設計できません。

お子さんのいらっしゃるご家庭は、ハウスメーカーや業者に相談し「外への音漏れが無い」間取りを設計してもらいましょう。

まとめ|騒音対策に強いハウスメーカーや業者を利用しよう

騒音は内側から外への対策だけでなく、外から内の被害を抑制する効果があります。例えば、都心部など「外が騒がしいエリア」に家を建てる方も、防音対策を行うことで「静かな暮らし」が実現します。

騒音が気になる方は、騒音対策に強いハウスメーカーや施工業者に施工を依頼しましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。

ガイド・建築事例を検索してみましょう。