はじめての家づくりガイド

【保存版】新築カーテンの正しい選び方!予算の相場と知っておきたいカーテンの豆知識

view 175
【保存版】新築カーテンの正しい選び方!予算の相場と知っておきたいカーテンの豆知識

新築で真っ先に必要なのが『カーテン』です。もちろん、前の家で使っていたカーテンを持ってきても良いのですが、折角の新築ですからカーテンも新調したいですよね。

また、新築になると以前の住まいとは窓の大きさも違いますし、日当たりによってカーテンの素材も変えた方が良いです。本記事では「新築カーテンの正しい選び方」について紹介します。

その前に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

新築カーテンの選び方

新築で家を建てた後は、カーテンや家具を選ぶことになるでしょう。極端かもしれませんが、家具が無くてもカーテンだけは先に買っておく必要があります。

なぜなら、カーテンが無いままでは新築の壁や床が「日に焼けて」しまうからです。

リビング

住まいが建ったら、日当たりによってカーテンを選んでいきましょう。日当たりの良い場所には、UV加工を施したカーテンを選んでください。また、寝室の日当たりが良い場合には、遮光性の高いカーテンが必要です。

このほかにも、キッチンやリビングには、防火性の高いカーテンが必要ですし、部屋ごとに「どのようなカーテンを使うのか」を考える必要があります。

なお、カーテンは「布」だけに限りません。例えば、ブラインドやロールスクリーンを設置し、日当たりに合わせて調光をするのも賢い方法です。

またブラインドやロールスクリーンは、洗濯の必要が無く、ハンディモップやハンディ掃除機でカンタンに掃除ができるので「お手入れがラク」です。

インテリアにマッチしたカーテンの選び方

カーテンは機能性だけでなく、インテリアにマッチしたカーテンを選ぶ必要があります。カーテンショップに行くと、数え切れないくらいたくさんのメーカーの「カタログ」が置いてあります。

カタログには記事見本も掲載されていますが、一部分だけでなく、全体に広げるとどのような印象になるのか。新築の部屋にマッチするデザインを選んでください。

なお、予測が付きにくい場合は、インテリアのアプリなどを使って、シミュレーションしてみることです。

【最新2019年版】家づくりで役立つ人気アプリ5選!iPhone&Android対応(持ち家計画)

自分の住まいに近い間取り、壁紙の色、窓枠の色や大きさをアプリに入力し、カーテンの部分に「理想とする色やデザイン」を設定すれば、カーテンのシミュレーションができます。

新築カーテンの枚数や大きさをチェックしてみよう!

新築の住まいに必要なカーテンは何枚なのか。一つ一つ部屋をチェックし、窓のサイズに合うカーテンの「枚数」を数えます。

全部屋で何カ所必要なのか。またカーテンでは無く、ブラインドを設置する場合は、どこに取り付けるのかも計算します。

カーテンレールのサイズを測る

既に家が建ったのであれば、カーテンレールのサイズ(縦・横)を測って、必要なカーテンの長さを計算します。

また、施工前(図面の段階で)カーテンを準備される方はメモ等に、カーテンの必要な部屋と設置場所を書き出します。

それぞれの窓に「何センチのカーテンが必要」なのか、図面を見て書き加えていきましょう。

カーテンの長さを測る

窓枠のサイズを測ったのに「カーテンの長さを失敗した」という方は少なくありません。実際に、カーテンレールとフックの位置、カーテンレールから床までの長さを測り間違う方は多いです。

このため「カーテン選び」で失敗をしないよう、施工業者やハウスメーカーのインテリアプランナーに相談し、カーテンの長さなどを教えてもらうの賢い方法と言えます。

またカーテン選びで自信の無い方は、ハウスメーカーを通してカーテンを購入してもOKです。

日当たりでカーテンの種類を変える

西日が強い、南向きで一年を通して日当たりが良いという部屋には、日焼けをしないようUV加工を施したカーテン、遮光性の高いカーテンを選んでください。

実際、住まいの中でも日焼けをする方は多く、日焼け止めを塗っていないと「シミやソバカス」が出来る可能性も高くなります。

こうしたウッカリ焼けを避けるためにも、日の多く当たる場所にはUV効果の高いカーテンを掛けることです。

新築で必要なカーテンの予算

カーテンの素材、デザインによって変わりますが、ホームセンターや量販店(ニトリやイケア等)で購入した場合は「10万円程度」で済みます。

ただ、カーテン専門店で購入した場合には、総額30万円から高ければ100万円程掛かる可能性があります。

カーテンは安価なものから高級なものまで、幅が大きなアイテムと言えます。このため、カーテン代だけで「予算オーバー」というのも珍しいことではありません。

あらかじめ計算した「カーテンの枚数」と予算を照らし合わせて、新居にふさわしいカーテンを選びましょう。

カーテンの予算を安く抑えるには?

このため、カーテン専門店で購入する場合は、セールや値引きのある商品を選ぶことで、予算が少なく抑えられるでしょう。

ネットで買える!おすすめカーテンショップ一覧

最後にネットで買えるおすすめのカーテンショップを紹介しておきます。

びっくりカーテン

びっくりカーテンは、日本最大カーテンの通販専門店です。レースカーテンや遮光カーテン、ロールスクリーンやブラインド、カーテンレールまで、多彩なラインナップで好みに合うカーテンが見つかります。

びっくりカーテン

びっくりカーテン

また国内だけでなく、北欧やヨーロッパなど海外のカーテンも取り扱っており、見るだけでも楽しい時間が過ごせます。

ベルメゾン

通販大手のベルメゾンでは、リーズナブルでセンスの良いカーテンが購入できます。長さや幅も(選択肢の中から)自由に選べ、新居に合うカーテンが予算の範囲内で見つかるでしょう。

ベルメゾン

カーテンの通販(ベルメゾン)

ニトリ

ニトリでは「お値段以上のアイテム」を提供しており、カーテンについてもリーズナブルな価格で、豊富なラインナップを揃えています。サイズ展開も幅広いので、みなさんお新居にマッチするカーテンが見つかるでしょう。

ニトリ

カーテン(ニトリ公式通販)

なおカーテン以外にも、ブラインドやロールスクリーンも取り扱っているので、各部屋の日当たりに合わせて商品を探してみてください。

カーテン通販専門店インズ

カーテン通販専門店インズは、シンプルなデザインから、大人女子に人気のガーリーなデザインカーテンまで「キレイめ」デザインのカーテンが見つかる通販専門のショップです。

カーテン通販専門店インズ

カーテン通販専門店インズ

価格も手頃なものから、ハイクオリティなものまで。記事サンプルも5枚まで無料配布しているので、気になるカーテンがあれば見本を取り寄せてみてください。

パーフェクトスペース

パーフェクトスペースでは、1㎝刻みでオーダを受け付けるカーテン専門店です。

パーフェクトスペース

PERFECT SPACE(パーフェクトスペース)

国内のカーテンから人気の北欧デザイン、ロールスクリーンやブラインドだけでなく、レールや室内用ラグまで、トータルでコーディネートできる豊富なラインナップが魅力です。

IKEA(イケア)

スウェーデンの家具量販店IKEAでも、オーダーカーテンを受け付けています。通販では規制カーテンのお直しができます。またIKEA各店舗では、オーダーカーテンの加工も行っています。好きな記事を選んで、その場で加工してもらえる上に価格もリーズナブルです。

IKEA

IKEA(イケア)

北欧デザインがお好きな方も、イケアでカーテンを作ってみましょう。

まとめ

カーテンは意外にも「お金が掛かる」ことが分かりました。場合によっては、住宅ローンの手数料や諸経費よりも高くなりそうですね…。

とはいえ、カーテンは日差しや外の視線から住まいを守る「大切な存在」です。安さを重視し過ぎては長持ちしませんし、チープすぎるカーテンも住まいの印象を悪くしてしまいます。

本記事の後半で紹介した通販専門のカーテンショップを利用すれば、良いカーテンが安く買えますし、IKEAやニトリのようなインテリア量販店でもお好みのカーテンは安く購入できるはず。

予算の範囲内で、納得できる素敵なカーテンを見つけてくださいね♪

最後に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。