はじめての家づくりガイド

地盤調査とは?地盤調査費用の相場とチェックされる項目一覧

view 127
地盤調査とは?地盤調査費用の相場とチェックされる項目一覧

地盤調査(じばんちょうさ)は、その名の通り「土地の地盤の強さや安全性」を確かめることを目的としています。本記事ではマイホーム購入に役立つ、地盤調査の相場とチェックされる項目について説明します。

地すべり

その前に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

地盤調査とは?

地盤調査(じばんちょうさ)では、土地の沈下や荷重に対する強度を調査します。

住まいを建てるにあたって、建造物を安全に支えるだけの強度があるのか。土質調査、ボーリング調査やサウンディング調査、液状化判定、平板載荷試験などを行います。

地盤調査では、主にスウェーデン式サウンディング試験、標準貫入試験のいずれかが実施されます。

スウェーデン式サウンディング試験とは?

スウェーデン式サウンディング試験は、スクリューポイントを取り付けたロッドに荷重(100kgのおもり)を加え、貫入の状況を判定し地盤の強度を測定します。

標準貫入試験とは?

標準貫入試験は土地に63.5kgのおもりを落下させ、衝撃の状態によって地盤の強度を判定します。また標準貫入試験ではボーリング調査(※ 穴を掘り、地盤や地層境界の深度を調査する方法)を同時並行で行い、総合的に地盤の状態を測定します。

参考資料:地盤に関する基礎知識(株式会社GIR)

また地盤調査によって土地の地盤が緩い(強度が無い)場合には、地盤改良工事を行い建物を支えるのに十分な地盤になるまで地盤の強度を高めます。

地盤調査の費用

地盤調査の費用は、スウェーデン式サウンディング試験で「約10万円」程度の費用が掛かります。また標準貫入試験とボーリング調査を実施した場合には、合計で20万円〜30万円の費用が掛かります。

地盤調査のチェック項目一覧

地盤調査でチェックされる項目をまとめてみました。

    【地盤調査でチェックされる項目】
  • 平板載荷試験
  • 土質試験
  • 液状化調査(液状化判定)
  • 現況敷地調査
  • 真北測量
  • その他の地盤調査・測量

これらの方法を個人で測量するのは「不可能」ですが、古地図を確認したり、高低差や周囲の建物を観察する、ハザードマップ(※)で土地の安全性を確かめる、ネットで情報収集し「土地の安全性」を調べることができます。

ハザードマップについては、国土交通省のサイトで確認できます。

参考資料:「国土交通省ハザードマップポータルサイト」

まとめ|地盤調査で安全な土地を手に入れよう

地盤調査を行うことで、建設予定地の安全性が確認できます。また軟弱な土地であれば、地盤改良工事を行い、建物を支える強固な基盤(土地の基礎)を築きましょう。

最後に、あなたにぴったりのハウスメーカーを探しませんか?
持ち家計画の資料請求なら、住んでいる地域で自分のわがままな夢をかなえてくれるハウスメーカーを検索でき、一括で資料請求まで行うことができます。
一生に一度となる大きな買い物、妥協せずにたくさんの会社を検討するようにしましょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。