はじめての家づくりガイド

大調査!注文住宅を得意とする広島の人気工務店・ハウスメーカー10選

view 1467
大調査!注文住宅を得意とする広島の人気工務店・ハウスメーカー10選

地方都市の中でも住みやすいと人気の広島。中心街にはショッピング街などが充実している一方で、自然が身近に感じられるところも魅力的。大きな公園やアウトドア施設など、休日に家族で楽しむことができるスポットもたくさんあります。

今回はそんな広島県で注文住宅を建てたいという方に向けて、おすすめの工務店・ハウスメーカーをご紹介。家づくりの基礎知識についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事がおすすめできる人

  • 広島で注文住宅を建てたい人
  • 広島の注文住宅会社を探している人
  • 広島で評判の良い注文住宅会社が知りたい人
  • 注文住宅をローコストで建てたいと考えている人
  • これから家を建てようと思っている人

なお以下の記事でも「注文住宅」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

広島で評判の人気工務店・ハウスメーカー10選

広島県で家づくりを行う、人気の工務店・ハウスメーカーを10社ご紹介します。

西本ハウス

西本ハウス

画像引用元:広島で注文住宅、新築一戸建てを建てるなら西本ハウス

広島市東区に本社を構える西本ハウス。地域密着型の家づくりを行っています。依頼するお客様の約半数は、西本ハウスのお客様や関連業者からの紹介なのだそう。これは西本ハウスが信頼できる家づくりを行っているという証ですね。

また、入居後何かあってもすぐに駆けつけることができるよう、施工エリアはオフィスから半径1時間圏内に限定しています。造って終わりではなく、何でもすぐに相談することができる住まいのパートナーとして頼れる存在です。

モデルハウス広島県東広島市八本松宗吉 広島県広島市安佐南区山本新町 広島県広島市安芸区矢野東など
所在地広島県広島市東区牛田新町4丁目8-40

日興ホーム

日興ホーム

画像引用元:広島で注文住宅・ハウスメーカーで家を建てるなら日興ホーム

東広島市を中心に家づくりを行う工務店です。大手のハウスメーカーとは違い、広島の気候や風土を知り尽くしているからこそできる提案が魅力的。特に子育て世代の家づくりを得意としています。

また、力を入れているのが住宅の強さ。過去の自然災害などを踏まえて、より強い家づくりを研究しているそう。木造と鉄骨造のメリットを併せ持つ梁・テクノビームを用いた、テクノストラクチャーの家を採用しています。

自然素材を使った耐久性の強い木造住宅を納得の低価格で実現することが可能です。

モデルハウス広島県広島市西区商工センター8-12-12 広島県広島市東区牛田新町2丁目2-10
所在地広島県東広島市西条町寺家3847-2

創建ホーム

創建ホーム

画像引用元:広島県で注文住宅・分譲住宅・土地のことなら創建ホーム

木造注文住宅を得意としている広島のハウスメーカー。注文住宅ならではの自由度の高い設計で、要望を最大限叶える家づくりができると評判です。

創建ホームが積み重ねてきた「創建品質」の3つの特徴は、デザイン・品質・企業力。これまで6,000棟の住宅を手がけた実績を生かして、見た目が良いだけでなく安心して住むことができる強い家を実現してくれます。

一つの家を建てるのに対して、営業・設計・コーディネーターの3分野のプロによる専属チームが結成されるため、満足度の高い家づくりが可能です。

モデルハウス広島県広島市東区牛田新町2丁目2-10-22 広島県広島市佐伯区石内北二丁目27-34 広島県東広島市西条中央 3-23-10 広島県呉市天応大浜三丁目3-3 広島県三原市明神3丁目5-1 広島県福山市神辺町川北1426-1
所在地広島県竹原市中央三丁目7-1

イワキ

イワキ

画像引用元:株式会社イワキ|イワキの家 広島の注文住宅 新築、一戸建、不動産 |

広島市西区にあるハウスメーカー。「愛着の持てる家」「安心して暮らせる家」 「人にも環境にも優しい家」という3つのコンセプトのもと家づくりを行っています。

またゼロエネルギー住宅(ZEH)にも力を入れており、ただ数値上の基準をクリアしただけではなく、安全で快適に暮らすことのできる住まいを提供しています。

広島県内にモデルハウスとショールームがあり、家族で参加できるイベントなども開催しているため、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

モデルハウス広島県広島市佐伯区藤垂園17-19 広島県広島市佐伯区石内北2丁目23番1号
所在地広島県広島市西区井口4-3-1

山尾工務店

山尾工務店

画像引用元:広島の木造注文住宅|有限会社 山尾工務

広島市西区にある木造住宅を得意とした工務店。対応エリアは、広島市・廿日市市・呉市・竹原市・東広島市・大竹市・岩国市・三次市・庄原市・安芸高田市とその他周辺エリアです。

無垢の木などの自然素材を、日本に昔から伝わる技術を使って造り上げる住まいが人気の理由。宮崎県飫肥杉、奈良県吉野杉、静岡県天竜杉、島根県産地松・杉など、国産材にこだわっているのが特徴です。

広島県の気候や土地柄などを知り尽くした「現代の広島の家」を提案してくれます。

モデルハウス要問い合わせ
所在地広島県広島市西区中広町1丁目5-17

トータテハウジング

トータテハウジング

画像引用元:広島の注文住宅の設計・施工ならトータテハウジング|トップページ

創業40年以上の歴史を持つトータテハウジング。分譲住宅事業やマンション事業、不動産仲介業などの事業を行うトータテグループの注文住宅部門を担っています。

トータテハウジングが人気の理由は、設計提案力。多くの施主が提案してもらったプランに魅力を感じて契約に至っているのだそうです。設計士、コーディネーターは11名在籍しています。

広島県内に7ヶ所のモデルハウスがあり、実際にどんな家を手がけているのかをじっくり体感することができます。

モデルハウス広島県広島市佐伯区石内北2丁目(こころ内) 広島県東広島市西条中央3丁目8-19 広島県広島市中区吉島東1丁目15-2 広島県広島市西区商工センター8丁目12-12 広島県広島市東区牛田新町2丁目2-10-15 広島県広島市中区千田町2丁目5-44
所在地広島県広島市中区千田町2丁目5番44号

HOC(ホック)

HOC

画像引用元:HOC(ホック): 広島で注文住宅・デザイン住宅を建てるなら

広島市三次市にあるハウスメーカーです。社名のHOCは「HOUSE OF CONCEPT」の頭文字。お客様一人一人にあったコンセプトのある家づくりを目指し、注文住宅を手がけています。

施工実績を見るとわかる通り、同じデザインの住まいはひとつもありません。要望を叶えるデザインの幅広さと自由度の高さが魅力的です。

また、本社が材木店のため、知識豊富な材木のプロがぴったり合った材料をリーズナブルに提供してくれるのもポイントです。

モデルハウス要問い合わせ
所在地広島県三次市東酒屋町306-48(三次工業団地内)

ジューケン

ジューケン

画像引用元:広島の注文住宅一戸建てとっておきの家|株式会社ジューケン

「GOODLUCKY・CREATOR」という経営理念のもと注文住宅を手がけているジューケン。広島市中区に本社を構えています。

設計・施工・メンテナンスまで、ワンストップでサポートしてくれるため入居後も安心。そこで暮らす人の「らしさ」を大切に、デザインや機能性を追求した家づくりを行っています。

全国で14,500社の工務店やハウスメーカーが参加する業界最大の施工例コンテストでは、ジューケンが手がけた住まいがこれまでに9回表彰されています。

モデルハウス要問い合わせ
所在地広島県広島市中区光南4丁目4番27号

マリモハウス

マリモハウス

画像引用元:和モダンの注文住宅|広島の工務店ならマリモハウス|おしゃれな新築|建て替えや増改築リフォーム|2×4工法の建築|平屋の家ならマリモハウス

建築実績3,000棟を超えるハウスメーカー。広島市西区の本社のほか、広島県内に3ヶ所のモデルハウスがあります。

施主の想いを最大限形にする「癒しのある暮らし」がテーマ。デザイン性はもちろん風の通り道や採光など、住まいの快適性にもこだわっています。

また、マリモハウスが特に力を入れているのが家を建てたあとの暮らし。快適に暮らすことができるようアフターメンテナンスに力を入れており、引き渡し後6ヶ月・1年・2年・5年・10年に定期点検を行っています。

モデルハウス広島県広島市西区商工センター8丁目12番12号 広島県広島市東区牛田新町2丁目2-10 広島県広島市佐伯区石内北2丁目27-34
所在地広島県広島市西区庚午北2丁目16番4号

家達

家達

画像引用元:株式会社 家達|広島でこだわりの注文住宅を提供

広島市西区にあるハウスメーカー。注文住宅のほか、リフォームなどの住まいに関する事業も行っています。

家達がこだわっているのは、家族が快適に住むことができる「健康住宅」。壁材や木材などにFFCテクノロジー処置を施すことで、化学物質の影響を抑え、安全で気持ちの良い住まいを実現しています。

また、全ての住宅において在来木造軸組工法を採用している点も特徴的。自然素材を使った木のぬくもり溢れる家づくりを得意としています。

モデルハウス要問い合わせ
所在地広島県広島市西区観音本町1-3-16

注文住宅をローコストで建てる4つのコツ

注文住宅のイメージ

できるだけ費用を抑えて注文住宅を建てるための4つのコツをご紹介します。

1.そもそもローコスト住宅とは何かを知る

ローコスト住宅とは、その名の通り費用を抑えて建てる注文住宅のことをいいます。注文住宅の依頼先は、ハウスメーカー・工務店・設計事務所など様々ですが、ローコスト住宅を得意としているのは、主に大手のハウスメーカーが多い傾向にあります。

しかし一口に「ローコスト」といってもその定義は曖昧。エリアやプランの内容によっても大幅に異なりますが、ローコスト住宅の坪単価の目安は30万円〜50万円程度と考えておくと良いでしょう。

2.建てたい住宅の費用相場を知る

コストを抑えるためには、そもそも自分の建てたい家の相場がどれくらいなのかを知っておく必要があります。

家を建てるエリアや家の広さ、デザインのテイスト、取り入れたい設備などの希望条件を洗い出し、注文住宅会社の施工事例の中からそれに近いものをチェックしてみるのがおすすめです。

すでに候補となる住宅会社がある方は、まず見積もりを出してもらうのも良いですね。その際は1社に絞るのではなく、全く同じ条件で数社に相見積もりを取ると、より費用の相場がわかりやすくなります。

3.定番のコストダウン方法を知る

注文住宅の費用を抑えるためにはいくつかコツがあります。担当する設計士が工夫してくれることではありますが、なんとなくでもポイントを頭に入れておくことで、よりコストダウンを図ることができる可能性があります。

家の形はシンプルに

家の形は、シンプルな箱型に近いほど費用を抑えることができます。それは、外壁の表面積を小さくすることで、下地材や仕上げ材などに使われる材料費や人件費を減らすことができるため。

また、建物は形がシンプルなほど構造的にも強いといわれているため、費用を抑えることができる以外にもメリットがあります。

また2階建ての場合には、1階の大きさと2階の大きさが同じ総2階建てにするのがおすすめ。間取りはできるだけ正方形に近い形にすると、同じ面積でもコストダウンになります。

使う材料の種類を抑える

費用を抑えるためには、できるだけメーカーの標準装備品を活用することが重要。オプションを選んでしまうとその分費用がかさみます。

大手のハウスメーカーなどでは、標準装備品をまとまった数で仕入れることで、ローコスト住宅を実現しています。そのため、躯体部分など目に見えない場所はできる限り標準装備品を取り入れて、材料の種類を抑えるのがおすすめです。

もちろん標準装備品といっても品質に問題があるわけではないためご安心ください。

空間はなるべく区切らない

家の中の間取りは、できるだけ部屋数を少なくしてオープンな間取りにするのがおすすめです。そうすることで壁や建具などのコストダウンが可能。必要があれば可動間仕切りを取り入れることで、ライフスタイルの変化にも対応しやすくなります。

水回りをまとめる

キッチン、洗面所、浴室、トイレなどの水回りは近い位置にまとめておくと良いでしょう。そうすることで給排水の配管が短くなり、その分コストダウンできます。

1階と2階にそれぞれトイレを設ける場合には、上下階で位置を揃えるのも効果的。配管がまとまっていることで、入居後のメンテナンスが楽になるというメリットもあります。

また、水回りを近くに配置することで、家事動線がスムーズになることも嬉しいポイントですね。

4.業者選びに妥協しない

ローコストで満足できる家を建てるためには、依頼する注文住宅会社選びが重要。施工実績などを確認して、ローコスト住宅を多く手がけているメーカーに依頼するのがおすすめです。

家は一生にそう何度とない大きな買い物です。費用が抑えられたからといっても、不満のある家に住み続けるのは辛いもの。また、コストダウンのために妥協するばかりでは、家づくりが楽しく感じられません。

そうならないためにも、ローコスト住宅に関する知識と経験が豊富な業者をしっかりと見極めるようにしましょう。

理想の住宅をプランニングするための基本知識

計算機と間取り

いざ家を建てるとなると、どんな家にしようかと夢が膨らみますよね。理想を形にするための基本的な知識を解説します。

ゾーニングで家族の希望をはっきりさせる

まずは家族全員で希望や現在の家に対する不満を洗い出してみましょう。ある程度イメージがつかめたら、次はゾーニングです。

ゾーニングとは、必要な部屋の種類や広さ、他の部屋とのつながりなどを大まかに紙に書いて整理する作業です。家の中の全ての場所を、パブリックゾーン(生活の中心となる場所)・プライベートゾーン(各々の個室)・サービスゾーン(キッチン、トイレ、洗面所など)・エントランスゾーン(玄関、勝手口など)・通路ゾーン(廊下や階段)の5つに分けてみてください。

ゾーニングをすることで、家族の希望を叶えるための間取りのイメージがなんとなく見えてきます。

部屋ごとに採光・通風・断熱をチェックする

採光・通風・断熱は、家で快適に過ごすことができるかどうかを左右する重要なポイント。いくら気に入った間取りやデザインの家でも、日が全く当たらなかったり風通しが悪かったりすると満足できる家とはいえません。

家族が長い時間過ごすことになるリビングやダイニングはもちろん、それぞれの個室や浴室などの水回りなど、全ての場所で採光・通風・断熱の3点を確認しておきましょう。

フィーリングで動線を決めない

毎日の行動がスムーズに行えると、家の快適度は格段に上がります。

そのためには動線をしっかり確認しておくことが大切。朝起きてから夜寝るまでの間、家族それぞれがどのような動きをするかをシミュレーションしてみましょう。

特に毎日の家事を少しでも楽にするためには、家事動線をきちんと考えておく必要があります。

平面だけでなく立体でも考える

プランの確認は、間取り図(平面図)を見て行います。そのため、部屋の広さや位置ばかりに目がいってしまいがちですが、実際にそこで生活をすることをイメージするためには、間取りを立体的に想像することが大切です。

例えば、ドアは出入りしやすいか、廊下で人がすれ違うことができるか、階段は急すぎないかなど、図面を辿りながら細部までチェックしてみましょう。

まとめ

  • ローコスト住宅の坪単価の目安は30〜50万円程度。
  • ローコスト住宅を建てるためには、建てたい家の費用相場を知りそこからどうコストダウンできるかを考えていくと良い。
  • 費用を抑えて満足できる家を建てるためには、注文住宅会社選びが大切。
  • 理想の家を建てるためには、家族で希望を出し合い、そこで生活することをしっかりイメージすることが成功の鍵。

100%理想通りの家を建てるのはなかなか難しいもの。特に費用を抑えたローコスト住宅の場合、妥協しなければいけないこともあるでしょう。

そんな中でもできるだけ理想に近い家を建てるためには、投げやりにならずじっくりと考えた上で物事を決定していくということが大切です。注文住宅が完成するまでには時間がかかりますが、後悔することがないよう進めてみてください。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。

ガイド・建築事例を検索してみましょう。