はじめての家づくりガイド

ローコスト住宅で後悔しがちなこと、ハウスメーカー選びで失敗しないポイント

view 179
ローコスト住宅で後悔しがちなこと、ハウスメーカー選びで失敗しないポイント

ローコスト住宅は「買いやすい手ごろな価格帯」が魅力ですが、価格を抑える部分を誤ると品質的に、満足できない住まいとなってしまいます。本記事ではローコスト住宅の依頼で失敗しがちなこと、後悔しがちな点を取り上げ紹介したいと思います。

ローコスト住宅の建築・契約をお考えの方はぜひ、参考にしてみてください。

ローコスト住宅が安く販売される理由

ローコスト住宅とは一般的な住まいよりも安く、コストを抑えて購入できる物件のことです。ローコスト住宅は「世帯年収400万円〜500万円」の方にとって最も買いやすく、手が届きやすい住まいとして人気があります。

ローコスト住宅が私たちにもたらすメリット

ローコスト住宅であれば、多くの方が負担無く、予算の範囲内で住まいが購入できるでしょう。参考までに、私たちが一年間に使えるお金の平均は「300万円〜320万円」程度だと言われています。

月々に換算すると25万円前後。その中から「住居費」として充てられるのは、月収の3分の1程度。つまり「約7万円〜10万円前後」といったところでしょうか。

ローコスト住宅でローンを組む際には、所得と返済するローンの割合がいくらなのか。月収の3分の1以上、賃貸住宅の家賃よりも「高いかどうか」を確認する必要があります。

ハウスメーカーは、賃貸物件に住んでいる人に向けて「家賃を払うより、ローンを組んだ方が将来的にお得」と言いますが、住まいを購入した場合、税金や諸経費なども計算する必要があります。

結局、一戸建てを買うよりも、賃貸物件を利用した方が「安い」ということもあるので、土地や物件費用だけでなく、税金、諸経費なども忘れず計算しましょう。

ローコスト住宅で後悔しがちなこと

実は、ローコスト住宅を購入する場合と、大手ハウスメーカーで住まいを購入する場合で「出てくる不満」に大きな違いはありません。

みなさんの中には、「ローコスト住宅=粗悪なもの」と考える方もいるようですが、ローコスト住宅は「無駄なコストを省いて、良い建物を提供する」ことに重きを置いており、ローコストだから壊れやすい、老朽化しやすいといった問題は起こりません。

もちろん、本記事の最後にハウスメーカー以外のところでは、どのようなことが起こっているのか、すべてを把握することはできませんが、本記事の最後に紹介しているハウスメーカーに限っては、安いからといって悪いものと言うのでは無く、「こんなに立派な建物がなぜこの値段で…!?」といった驚きの方が大きいでしょう。

注文住宅で失敗しがちなこと

前項で説明したとおり、ローコスト住宅が原因で「失敗」が生まれるのではなく、多くの場合、次のようなことがきっかけで、後悔をしたり「あの時、こうしていれば」といった後悔の気持ちが芽生えるようです。

【注文住宅で後悔しがちなこと】

・ 間取りの失敗 ・ 配線の失敗 ・ 予算の失敗

間取りの失敗とは、家族構成やライフスタイルに対して、部屋数が足りない、十分な広さがないなどの問題を意味します。

配線の失敗とは、コンセントが必要な場所に配置されていない。家電の数に対して、コンセントの数が合っていないなどのトラブルです。

3つめの予算の失敗は(注文住宅で起こりやすいことですが)あれもこれも欲張って、こだわりを詰め込みすぎて予算が膨らむといった問題です。

ローコスト住宅で失敗しないために!重要なポイントは5つ

ローコスト住宅が原因の失敗はありませんが「失敗をしないよう」心掛けたいポイントが5つあります。

ローコスト住宅で失敗しないために、重要なポイントを5つ

ローコスト住宅で重要なポイント1:業者選び

ローコスト住宅をはじめ、注文住宅で家を建てる場合には、必ず複数の業者でプランや見積もりを出してもらうことです。比較対象が多ければ、その分「自分が求めていること」がハッキリ見えてきます。

また価格交渉をする上でも、複数の業者に金額を提示してもらい、ラフデザインを確認したり、他の施工主がどのような住まいを建てたのか、確認することで「業者の善し悪し」が分かります。

ローコスト住宅で重要なポイント2:住む場所(土地選び)

土地選びは「今後の予算」を決める上でも重要なことです。土地が安ければ、その分住まいにお金を掛けることができます。

しかし、土地代が高ければ、限られた少ない予算のなかから、建てられる家を探す必要があり「選択肢」は狭められてしまいます。

ローコスト住宅で重要なポイント3:予算をいくらにするか

業者、住む場所が決まったら、予算をいくらにするのか決めましょう。マイホーム購入は、殆どの方が「住宅ローン」を組まれるはずですが、住宅ローンを利用する場合には、所得に対して無理のない範囲で借入額を設定することです。

最もおすすめなのは、頭金を蓄えておき、借入もギリギリいっぱい借りるのではなく、ある程度余裕を持たせて「返済能力の範囲」で借入をすることです。住宅ローンの借入シミュレーションについては、各金融機関が相談に乗ってくれるほか、本サイト「住宅ローン」の記事が参考になります。

ローコスト住宅で重要なポイント4:優先順位をつける

ここでの優先順位とは、住まいにおいて「何を優先したいのか」決めることです。例えば料理好きな方であれば、キッチンにお金を掛けるでしょう。

また自動車が好きな方は、愛車を格納する駐車場スペースに予算を費やすはずです。

注文住宅では、どの場所にお金をかけて、重要でない部分にはお金を掛けないといった潔さと「バランス感覚」が求められます。

ローコスト住宅で重要なポイント5:仕上がりの確認

ローコスト住宅を建てている間も、建築がどのように進んでいるのか、工事の仕上がり、施工業者の技術力などもこまめにチェックしておきましょう。出来てからでは修正が難しい場所でも、早めに「直して欲しい箇所」を報告すれば、コストを掛けずに改善・修復することができます。

ローコスト住宅のオススメメーカー(一覧)

最後にローコスト住宅で、評価の高いハウスメーカーをまとめて紹介しておきます。一部大手ハウスメーカーも交えていますが、どのメーカーも、ハイレベルな「ローコスト住宅」を提供する業者ばかりです。

レオハウス

【レオハウスの会社概要】

  • 社名   :株式会社レオハウス
  • 代表   :代表取締役 社長 内村 真樹
  • 住所   :〒163-0637 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル37階
  • 設立   :平成18年10月10日
  • 資本金  :3億円
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(特-28)第22020号
  • 宅地建物 :公式サイト参照
  • 一級建築士:公式サイト参照
  • 公式サイト:レオハウス(公式サイト)

レオハウスのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:レオハウス(公式サイト)

アキュラホーム

アキュラホームの特徴とオススメ度

【アキュラホームの会社概要】

  • 社名   :株式会社アキュラホーム
  • 代表   :宮沢 俊哉
  • 住所   :東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F
  • 創業   :1978年10月
  • 設立   :1986年5月
  • 資本金  :9,314万円
  • 従業員数 :1,230名(平成30年4月1日現在)
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(特-26)第21113号
  • 宅地建物 :国土交通大臣(3)第6982号
  • 一級建築士:東京都知事登録第53714号
  • その他登録:(財)住宅保証機構 建設業者登録10007517号
  • 公式サイト:株式会社アキュラホーム(公式サイト)

キュラホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:株式会社アキュラホーム(公式サイト)

ヤマト住建

ヤマト住建の特徴とオススメ度

【ヤマト住建の会社概要】

  • 社名   :ヤマト住建株式会社
  • 代表   :代表取締役会長 西津 昌廣、代表取締役社長 中川 泰
  • 住所   :兵庫県神戸市中央区下山手通3丁目15番7号
  • 創業   :昭和62年11月
  • 設立   :平成2年1月
  • 資本金  :3億1,900万円
  • 従業員数 :320 名(2019年3月現在)
  • 建設業許可:(特-25)第20561号
  • 宅地建物 :国土交通大臣(4)第5946号
  • 一級建築士:兵庫県知事登録第01A01038号、東京都知事登録第56425号
  • 性能保証 :業者登録番号10008584
  • 公式サイト:ヤマト住建(公式サイト)

ヤマト住建のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:ヤマト住建(公式サイト)

タマホーム

タマホームのモットーは「建てたあとの暮らしまで、豊かにできる家をつくる」です。

タマホームの特徴

【タマホームの会社概要】

  • 社名   :タマホーム株式会社
  • 代表   :代表取締役会長  玉木 康裕、代表取締役社長  玉木 伸弥
  • 住所   :東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
  • 設立   :平成10年6月3日
  • 資本金  :43億1,014万円
  • 売上高  :1,603億円 (平成30年5月期) 
  • 従業員  :3,172名 (平成30年5月31日 現在)
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(特-25)第19013号、(般-25)第19013号
  • 宅地建物 :国土交通大臣(3)第6857号
  • 従業員数 :3,172名 (平成30年5月31日 現在)
  • 公式サイト:タマホーム(公式サイト)

タマホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:タマホーム(公式サイト)

アイフルホーム

アイフルホームの特徴とオススメ度

【アイフルホームの会社概要】

  • 社名   :株式会社LIXIL住宅研究所(アイフルホームカンパニー)
  • 代表   :株式会社LIXIL住宅研究所 代表取締役社長、アイフルホームカンパニー プレジデント 加嶋 伸彦
  • 住所   :東京都江東区亀戸1-5-7 錦糸町プライムタワー
  • 設立   :公式サイト参照
  • 資本金  :公式サイト参照
  • 建設業許可:公式サイト参照
  • 宅地建物 :公式サイト参照
  • 一級建築士:公式サイト参照
  • 公式サイト:アイフルホーム(公式サイト)

アイフルホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アイフルホーム(公式サイト)

クレバリーホーム

【クレバリーホームの会社概要】

  • 社名   :株式会社 新昭和FCパートナーズ
  • 代表   :代表取締役 井家上 進
  • 住所   :〒299-1144 千葉県君津市東坂田4丁目3番3号 4階
  • 設立   :2016年11月1日
  • 事業内容 :フランチャイズ事業、住宅事業(宮城エリア)
  • 建設業許可:国土交通大臣(般-28)第26559号
  • 宅地建物 :国土交通大臣(1)第9137号
  • 一級建築士:千葉県知事登録 第1-1703-8247号
  • 加入団体 :日本フランチャイズチェーン協会正会員
  • 公式サイト:クレバリーホーム(公式サイト)

クレバリーホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:クレバリーホーム(公式サイト)

クレバリーホームの特徴とオススメ度

クレバリーホーム|公式サイト

富士住建

富士住建の特徴とオススメ度

【富士住建の会社概要】

  • 社名   :株式会社 富士住建
  • 代表   :代表取締役 竹田浩之
  • 住所   :〒362-0021 埼玉県上尾市原市1352-1
  • 設立   :昭和62年10月8日
  • 資本金  :4,000万円
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(般-29) 第19632号
  • 宅地建物 :国土交通大臣(3)第7697号
  • 一級建築士:埼玉県知事登録(3)第8645号 一級建築士事務所
  • 公式サイト:富士住建(公式サイト)

富士住建のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:富士住建(公式サイト)

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームの特徴とオススメ度

【ユニバーサルホームの会社概要】

  • 社名   :株式会社ユニバーサルホーム (universalhome Inc.)
  • 代表   :加藤 充
  • 住所   :東京都中央区八丁堀二丁目7番1号 八丁堀サンケイビル5階
  • 設立   :1995年5月
  • 資本金  :4億9,180万円
  • 従業員数 :171名(2018年12月末現在)
  • 宅地建物 :国土交通大臣(2)第7980号
  • 経営理念 :万有の英知を集結し人と地球にやさしい家づくりを目指す
  • 加盟団体 :一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会正会員、公益社団法人東京都宅地建物取引業協会正会員
  • 公式サイト:ユニバーサルホーム(公式サイト)

ユニバーサルホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:ユニバーサルホーム(公式サイト)

アエラホーム

アエラホームの特徴とオススメ度

【アエラホームの会社概要】

  • 社名   :アエラホーム 株式会社
  • 代表   :代表取締役 中島 鷹秀
  • 住所   :〒102-0074  東京都千代田区九段南2-3-1青葉第一ビル2階
  • 設立   :1984年12月
  • 資本金  :1億円(2017年3月現在)
  • 従業員  :315名(2017年4月現在)
  • 建設業許可:国土交通大臣許可(般-29)第15997号
  • 宅地建物 :東京都知事(1)第99490号
  • 一級建築士:東京都知事登録第53354号 他各県
  • 公式サイト:アエラホーム(公式サイト)

アエラホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アエラホーム(公式サイト)

アイダ設計

アイダ設計の特徴とオススメ度

【アイダ設計の会社概要】

  • 社名   :株式会社 アイダ設計
  • 代表   :代表取締役社長 會田 貞光
  • 住所   :〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
  • 設立   :昭和56年1月6日
  • 従業員  :1,032人
  • 売上高  :519億円
  • 事業所  :全国94ヶ所
  • 資本金  :2億1,632万円
  • 建設業許可:国土交通大臣免許(7)第4179号
  • 宅地建物 :国土交通大臣許可(般-28)第14192号
  • 一級建築士:4)第8520号
  • 公式サイト:アイダ設計(公式サイト)

アイダ設計のその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:アイダ設計(公式サイト)

センチュリーホーム

センチュリーホームの特徴とオススメ度

【センチュリーホームの会社概要】

  • 社名   :センチュリーホーム
  • 事業内容 :茨城県水戸市大塚町1993-3
  • 住所   :茨城県水戸市大塚町1993-3
  • 設立   :昭和58年7月
  • 資本金  :6,000万円
  • 建設業許可:公式サイト参照
  • 宅地建物 :公式サイト参照
  • 一級建築士:公式サイト参照
  • 公式サイト:社名(公式サイト)

センチュリーホームのその他サービスについては、以下公式サイトをご覧ください。

参考リンク:センチュリーホーム(公式サイト)

まとめ|ローコスト住宅は今一番売れている!満足度100%の住まい

今回紹介したとおり、ローコスト住宅がもたらすメリットは大きく、価格での満足はさることながら、品質・機能性・耐久性に優れており、長期優良住宅としても申請することで、各種金利の引き下げ、税の優遇にもつながります。

ローコスト住宅を購入することで、後悔どころか**「良い住まいが適正価格で買える喜び」**で溢れることになるでしょう。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。