はじめての家づくりガイド

【保存版】つなぎ融資とは?手数料や申し込み条件、住宅ローンとの併用方法を解説!

view 250
【保存版】つなぎ融資とは?手数料や申し込み条件、住宅ローンとの併用方法を解説!

つなぎ融資を利用すれば、住宅ローンが融資されるまでの期間、土地の購入費、着工金、中間金の支払いがラクになります。

本記事では**「つなぎ融資とは何か」**ローンの仕組みや手数料、住宅ローンとの併用方法について説明します。

失敗しない家づくりマニュアル&建築事例カタログプレゼント!

つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは、その名前の通り「住宅ローン融資までのつなぎ期間」融資を利用することです。

住宅ローンは自宅に抵当権を設定するため、建物が完成しなければ融資が受けられない仕組みです。このため「住宅の引き渡し」までに、土地所得費用、着工金、中間金などを別途準備しておく必要があります。

住宅ローンと聞いて「頭金だけ用意すればOK」と考えていた方は、資金不足に陥る可能性があるので注意しましょう。

つなぎ融資の手数料

手数料は利用する「つなぎ融資」によって異なります。手数料無料(※ ただし印紙代は必要)とする場合もあれば、100,000円(+税)など一律の手数料を取る場合があります。

本記事の後半で、つなぎ融資のローンを紹介しているので、それぞれの融資商品がいくら手数料を取っているのか比較してみてください。

住宅ローンまでに必要な資金の総額

住宅ローンの融資実施までに必要な資金ですが、土地の費用+中間金(着工時に工事費の3割、上棟時に3割)を準備してください。

これらの費用が工面できない場合には、つなぎ融資を利用し、住宅ローン実施までの諸経費を支払います。

つなぎ融資を申し込むタイミング

つなぎ融資を申し込むタイミングですが、先ず土地を購入し、工事の着工をメーカーや工務店にお願いした後、つなぎ融資を利用します。

つなぎ融資は土地の購入費、着工金、中間金の支払いに充当できるのですが、家の引き渡し後、住宅ローンを利用できれば、住宅ローンを使ってつなぎ融資の借入金を先に「完済」してしまいます。

そして、つなぎ融資の完済後は、住宅ローン一本で返済を続けていく流れです。

つなぎ融資と住宅ローンを併用するコツ

つなぎ融資は、住宅ローンの融資実施ごに完済する流れとなります。また、つなぎ融資は「住宅ローンを利用すること」が前提となります。つなぎ融資だけ利用し、後は自己資金でカバーといった方法は選択できません。

このため、つなぎ融資の使える「住宅ローン」を先に選択し、その後で「つなぎ融資を申し込む」というのが正式な流れとなります。

おすすめの「つなぎ融資と住宅ローン」は、本記事の最後で紹介します。つなぎ融資を受けたい方は、ぜひ参考にしてください。

つなぎ融資で注意したいポイント

住宅ローンを扱う金融機関のうち、つなぎ融資を扱う金融機関は一部に限られます。すべての金融機関で「つなぎ融資」が受けられる訳では無いので注意しましょう。

なお、つなぎ融資の利用が難しい場合は、自己資金を多めに準備しておくことです。

また、住まいや建物の購入、リフォームに関する「贈与」は、最大3,000万円まで非課税になります。

親戚や家族から住宅購入費の援助が受けられる場合は、ローンを組まなくても自己負担の割合を軽減できるので覚えておきましょう。

参考リンク:No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税(国税庁)

つなぎ融資で人気のローン5選

最後に「つなぎ融資」で人気のローンを5つ紹介しましょう。

ARUHIフラットつなぎ

ARUHIフラットつなぎは、フラット35の取り扱い件数NO.1のARUHI(アルヒ)が提供する「つなぎ融資」です。

住宅建築過程で必要な資金のほか、リフォーム購入後の必要資金に対し「つなぎ融資」を行います。

※ 住宅ローンの融資実施に合わせて「完済」できるので借入の件数を増やすことなくローンが組めます。

ARUHIフラットつなぎの詳細

区分 詳細
商品名 ARUHIフラットつなぎ
使い道 (1)土地購入資金(2)建築中間払資金(着工金)(3)建築中間払資金(上棟金)(4)建物竣工時資金
対象地域 全国
融資金額 100万円以上8,000万円以下(1万円単位)
つなぎ融資の利息 3.6%~15.0%
遅延損害金 年14.0%(年365日の日割計算)
返済方法 元利金を期限一括返済とし、ARUHI フラット35などの融資実行金と相殺でご返済いただきます。
融資形態 公式サイト参照
融資時期 土地のみ先行で購入する場合は利用不可。建築計画を同時に行い、つなぎ融資契約面談時までに締結済の売買契約書、建築請負契約書の提出が必要
事務手数料 原則として、100,000円(消費税別)
担保 不要
保証人 不要
団体信用生命保険 取り扱いなし

参考リンク:ARUHIフラットつなぎ

なお、印紙代は「融資の金額」によって以下の通り変動します。

融資の金額と必要な「収入印紙代」

融資金額 収入印紙代
100万円 1,000円
100万円〜500万円 1万円
500万円〜1,000万円まで 1万円
1,000万円〜5,000万円まで 2万円
5,000万円〜8,000万円まで 6万円

この収入印紙代は、他の金融機関の融資(住宅ローン、つなぎ融資)にも適用されます。「収入印紙代はいくらかな?」と思ったら、上の表をチェックしてください。

フラット35つなぎローン(みずほ銀行)

みずほ銀行の「フラット35つなぎローン」は、みずほ銀行フラット35と連動したつなぎ融資です。

新築のほか、中古住宅購入のつなぎ資金としても使えるので、リフォームをお考えの方にもおすすめできます。

※ 返済は、住宅ローンの融資実施に合わせて「完済」できるので借入の件数を増やすことなくローンが組めます。

フラット35つなぎローンの詳細

区分 詳細
商品名 詳細
使い道 ① 本人が所有して居住される住宅の建築または新築住宅もしくは中古住宅購入のための資金(含むセカンドハウス) ② 本人が所有して親族の方が居住される住宅の建築または新築住宅もしくは中古住宅購入のための資金 ③ 仲介手数料、融資手数料、金銭消費貸借契約証書に貼付する印紙代、抵当権設定費用(司法書士報酬等)、火災保険料*、地震保険料*等の諸費用
対象地域 全国
融資金額 100万円以上8,000万円以内(1万円単位)
つなぎ融資の利息 固定金利方式(全期間固定)公式サイト参照
遅延損害金 内容
返済方法 毎月元利均等返済または、毎月元金均等返済
融資形態 公式サイト参照
融資時期 次のいずれか短い年数(1年単位)とします。15年以上、35年以内(申込者が60歳以上の場合は、10年以上)または、申込日より80歳となるまでの年数
事務手数料 手数料定額型:32,400円 または、手数料定率型:(お借入金額×手数料率)円(最低手数料:32,400円)
担保 不要
保証人 不要
団体信用生命保険 「機構団信(一般)」「機構団信(夫婦連生)」「3大疾病付機構団信」があり、いずれかを選択してご加入いただけます。また、加入後の変更はできません。

参考リンク:フラット35つなぎローン(みずほ銀行)

つなぎローン(三井住友銀行)

三井住友銀行の「つなぎローン」は、三井住友銀行住宅ローンと連動した融資商品です。不動産購入日から建物ができるまでの期間、必要な資金がカバーできるよう融資を行います。

また返済は、住宅ローンの融資実施に合わせて「完済」できるので借入の件数を増やすことなくローンが組めます。

三井住友銀行の「つなぎローン」の詳細

区分 詳細
商品名 つなぎローン
使い道 不動産購入日(所有権移転(保存)登記日)から住宅金融支援機構の融資金が 実際に交付される日までのつなぎ資金
対象地域 全国
融資金額 原則400万円以上住宅金融支援機構直接融資(差し引き諸費用がある場合 には、実際に交付される金額)以内(1円きざみ)
つなぎ融資の利息 年 2.475%
遅延損害金 内容
返済方法 元金は借入期限に一括して返済
融資形態 公式サイト参照
融資時期 不動産購入日(所有権移転(保存)登記日)以降の銀行営業日に融資
事務手数料 不要
担保 不要
保証人 不要、銀行指定の保証会社を使用。保証会社手数料:32,400円(消費税込)
団体信用生命保険 指定の団体信用生命保険に加入。 ※ 保険料は銀行が負担。

参考リンク:つなぎローン(三井住友銀行)

つなぎローン(楽天銀行)

楽天銀行のつなぎローンは、楽天住宅ローンと連動した融資商品で最大3回まで分割融資可能。来店不要、土日祝日でも融資可能と便利な融資商品です。

※ 返済は、住宅ローンの融資実施に合わせて「完済」できるので借入の件数を増やすことなくローンが組めます。

楽天銀行のつなぎローンの詳細

区分 詳細
商品名 つなぎローン
使い道 土地売買代金、建物建築着工金、中間金
対象地域 全国
融資金額 合計500万円以上(10万円単位)
つなぎ融資の利息 固定金利(365日の日割り計算)公式サイト参照
遅延損害金 年率14%
返済方法 元金は住宅ローン実行金から差引き。一括返済利息はつなぎローンの融資金から差引き
融資形態 証書貸付
融資時期 土地代金・・・購入代金決済日(=所有権移転登記日) 着工金・・・設計検査に関する通知書取得日以降 中間金・・・中間現場検査に関する通知書取得日以降
事務手数料 108,000円(税込。つなぎローン初回ご融資時および期間延長時)
担保 融資対象物件の土地に楽天銀行第一順位の抵当権設定仮登記
保証人 不要
団体信用生命保険 必須、団体信用生命保険料は楽天銀行が負担。

参考リンク:つなぎローン(楽天銀行)

フラット35つなぎ(イオン銀行)

イオン銀行の「フラット35つなぎ」は、イオン住宅ローンを申し込み【フラット35】をご利用される方に対し、建設土地の購入資金や契約で必要な資金(=つなぎ資金)を融資するローンです。

イオン銀行の「フラット35つなぎ」の詳細

区分 詳細
商品名 【フラット35つなぎ】 (住宅融資保険付保)
使い道 イオン【フラット35】住宅ローンが融資実行されるまでのつなぎ資金。 (1)土地購入つなぎ資金。(2)建物の建築資金つなぎ資金。
対象地域 全国
融資金額 500万円以上8,000万円以内(1万円単位)
つなぎ融資の利息 固定金利 で、借入れ利率は基準金利(店頭表示の変動金利)に市場金利等を加味する
遅延損害金 年14.0%
返済方法 イオン【フラット 35】住宅ローンの融資実行金で一括返済
融資形態 公式サイト参照
融資時期 3ヶ月以上~12ヶ月未満でイオン【フラット35】住宅ローンの資金交付日まで
事務手数料 収入印紙代
担保 不要
保証人 原則、不要。
団体信用生命保険 住宅金融支援機構を保険者とする住宅融資保険を付保(※保険料はイオン銀行が負担)

参考リンク:フラット35つなぎ(イオン銀行)

まとめ

つなぎ融資は、住宅ローンとセットで考えるようにしましょう。つなぎ融資のある金融機関であれば、住宅ローン申し込みと同時に「つなぎ融資」も申し込めるので便利です。

マイホーム完成までに資金が足りない方は、上手に「つなぎ融資」を取り入れてみてください。

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。