掲載ハウスメーカー・工務店

Introduction会社紹介
植本空間設計舎

植本空間設計舎

「敷地」と「施主の個性」を最大限に生かした家づくり

家は敷地に建つものです。また、施主の御要望を反映して建てるものです。どちらも二つと同じものはありません。つまり、この二つを最大限に生かすことが、唯一無二の家づくりにつながります。最近は、御自身の家だけでなく、併用住宅や賃貸住宅を建てる方も多いです。それも敷地を最大限に利用するひとつの考え方です。設計事務所であるからこそ、しがらみがなく、個別の実情に応じた最適な御提案が可能です。

「性能」×「住み心地」×「デザイン」のベストバランス

ハウスメーカーや工務店は売りになる性能や構法を持っていますが、それがあなたの家づくりに本当に必要とは限りません。設計事務所であるからこそ、敷地条件や施主の要望に応じて、必要な性能、住み心地、デザインの最適な組み合わせを御提案することが可能です。耐震等級3の安全性、高気密・高断熱を超えたパッシブデザイン、効率的で心地よい動線計画、間取りではなく空間をデザインする、そういった点を売りにしています。

植本空間設計舎の家づくり

敷地と施主の個性を生かす:変形敷地を目一杯利用した木とコンクリートの家

地価の高い都内の変形敷地の活用例です。敷地に沿わせた多角形の建物として敷地を目一杯利用。一台はビルトインガレージ、もう一台は張り出した建物下に置くことで狭い敷地であっても2台駐車を実現。RC造でありながら、木の好きな施主の好みを反映して、外断熱&木貼りの外観としています。木のルーバーからも光が漏れ、街角を照らす照明ともなっています。

敷地と施主の個性を生かす:斜線制限がそのままインテリアに現れたLDK

御要望の床面積を納めるため、地下1階地上3階の4層の建物とし、地下への採光のためのスリット状のライトコートを設けています。エレベーターの設置を前提として、最も快適な最上階をリビングとし、斜線制限によって切り取られた屋根の形がそのまま内部に現れるデザインとしました。直線上の飾り棚と上下の間接照明もシャープでストイックな施主の好みを反映したものです。

敷地と施主の個性を生かす:敷地を最大限に活用し、収益力と快適性を両立した併用住宅

御自身の住宅以外に、賃貸併用住宅とされたり、隣接敷地等に賃貸住宅を建てて、土地活用を図る事例が増えています。賃貸住宅で最も求められるのは収益性ですが、多くの物件は収支計算しか見ていないため、競争力がまるでなく、価格競争のみに明け暮れていきます。この事例は容積率制限いっぱいに建て、コストも極力抑えることで収益性を確保しつつ、外観や中庭を個性的にしつらえ、メゾネット形式の住宅とすることで、トップレベルの競争力を獲得致しました。

敷地と施主の個性を生かす:どこからも見えない開放的な水廻り

斜面地の上であるメリットを生かし、誰にも覗かれない開放的な水廻りが実現しました。窓は既製のアルミ樹脂複合サッシュを使いながら、浴室は片引、洗面はFIX窓として、まわりのフレームが見えないスッキリとしたデザインとしています。洗面と浴室の間は強化ガラスドアとして、まるでホテルのようなスッキリとしたスタイリッシュなインテリアとなりました。

性能×使い勝手×デザイン:木造でも構造計算を必ず実施。耐震等級3の安全性

当事務所では、木造在来工法であっても構造計算を実施し、耐震等級3をクリアするように設計しています。この事例のように、壁を減らして開放感を得たい場合は、1階はRC造、2階は門形フレームの木造の混構造とする場合もあり、いいとこ取りで、安全かつ住み心地のよい空間を実現します。コストも木造在来工法よりは高いですが、RC造よりは安くなるというメリットもあります。

性能×使い勝手×デザイン:高気密・高断熱を超えたパッシブデザインの家

断熱性、気密性を高めることは重要です。ただ、窓を小さくすれば数値的な性能は上がりますが、決して快適とは言えません。また、空調も照明もつけっぱなしの生活では、思ったように省エネにもならないケースも多いです。冬の日差しは貴重なエネルギー源。夏は庇で日差しを遮りつつ、冬の日差しはむしろ十分に取り込む方が効果的です。この事例では、ゼロエネルギーである薪ストーブを主暖房として使用し、さらに上部に溜まった暖気を床下に送って、快適な床下暖房を実現しています。中間ダクトファンをひとつ入れるだけですからコスト的にも最小限で済む方法です。

性能×使い勝手×デザイン:ロングアイランドキッチンを中心とした生活

食事は生活の基本であり中心です。だったら、食事を愉しむための空間を中心としては?というのが発想の原点です。鮮やかな地中海ブルーのキッチンを家のど真ん中に据え、ダイニングテーブルもキッチンの長手に配置。背面収納には、冷蔵庫、調理器具、食材、食器などが全てスッキリと納まっています。キッチンまわりは回遊でき、奥の部屋も回遊でき、水廻りもすぐ横にあるので、カッコイイだけではなく、使い勝手も抜群の空間です。

性能×使い勝手×デザイン:ガレージと一体になったLDK

リビングからいつでも好きな車を眺めていたい。車好きの施主のためにデザインされた空間です。排ガスが出るため外部扱いですが、屋根もガラスとして、外のような中のような雰囲気の空間にしました。階段も出来るだけ透けたデザインとし、車の視覚を遮らないようにしています。

性能×使い勝手×デザイン:音響性能と心地よさを両立した手作りのオーディオルーム

RC造の建物の一角に設けたオーディオルームです。防音や音響性能に加え、普段使いの書斎としての快適性も両立した事例です。オーディオルームを専門業者に発注すると価格は高く閉鎖的な空間になりがちです。この事例は、本格的なオーディオルームを手作りで実現しました。躯体と縁を切ったコンクリートの二重床、吸音性もあり調湿性もあるしっくい壁、吸音パネルと木貼りを併用した天井、手作りの二重扉、既製サッシュ+手作りの木窓。吸音効果も担っている背面の本棚など、コストと性能を両立したオリジナルな工夫に満ちています。

この会社の施工可能エリア

あなたのお家の建築希望地が施工可能エリアの場合、この会社にカタログ請求もしくは相談見学することができます。

関東

店舗一覧

関東

本社 1800013
東京都武蔵野市西久保3-2-1アルベルゴ武蔵野701

会社情報

会社名
株式会社植本空間設計舎
ブランド名
植本空間設計舎
創業
2019年
資本金
300万円
従業員数
1人
HP
https://www.uemot.com/

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。