掲載ハウスメーカー・工務店

Introduction会社紹介
ファーストホーム

ファーストホーム

ファーストホームは「すべて込々価格」をモットーに掲げるハウスメーカーです。 他のハウスメーカーでは別で請求される建物本体工事費、付帯工事日、確認申請などの諸費用すべてを含んだ坪単価となっています。最終的に支払う金額を最初から見せてくれるため安心して資金計画ができるのが魅力です。 安さだけではなく、家の性能にもこだわっており、在来工法を進化させた高耐久木造住宅を作っています。家の骨格として強度上重要な役割を持つ木の接合部分には、筋交いプレートや羽子板ボルトを使い、通常の木造住宅よりも高い耐震性を持つ家なのです。

ファーストホームの家づくりについて

ファーストホームはわかりやすい坪単価表示と、丈夫な構造で安心感のある家づくりをするハウスメーカーです。

ファーストホームの商品はスタンダード、オールベスト、パーフェクト、スーパーウォールの4種類があります。一番手ごろなスタンダードは、付帯工事費や諸経費を含めた坪単価が45坪基準の2階建てで35.1万円です。資材や設備をまとめて購入することなどでコストを省いています。最良費だけで10%コストダウンするなど、さまざまな無駄を省くことで品質を守りながら坪単価を下げることに成功しました。

価格だけでなく、家を傷める湿気に対策するため、外壁の内側に通気層を設ける「通気層工法」や、物音を軽減する遮音効果のある床など、住む人の立場になってこだわった家の性能にもこだわっています。また、気になる資金計画についてプランナーが相談に乗ってくれたりとサービス面も充実しています。

高い性能と手ごろな価格で安心感のある家づくりをしてくれるハウスメーカーです。

ファーストホームのこだわり

  • DESIGNデザイン

    ファーストホームの注文住宅は、木造軸組工法を採用しています。壁で支えるツーバイフォー工法とは違い、木造軸組工法は壁の位置や窓の大きさなどの自由度が高いという特徴があります。その人の好みやライフスタイルに合わせて、家のデザインを自由に変えることができるのがメリットです。

    ファーストホームでは施主の方の希望やイメージに合わせて、外壁や窓、クロス、照明などの提案をしてくれます。その人の好みに合わせて作り上げてくれるため、仕上がりの満足度も高まります。

  • SAFETY安全性

    安全性へのこだわりは、基礎から現れています。基礎の高さは40cm以上の高基礎で、コンクリートの強度はJIO60年継続保障使用を標準にするなど丈夫な基礎をつくります。

    床組は1m×1mに土台を組むことで、建物をしっかり支える床をつくっています。また、二階部分の梁は50cm感覚で小梁を入れるなど、建物の丈夫や安全性にも気を配っているのです。

    長く住める安全性の高い家づくりをファーストホームは心がけています。

  • ABILITY性能

    家の性能へのこだわりは、シックハウス症候群への対策にみられます。ファーストホームでは、壁に使用する石膏ボードはタイガーハイクリーンボードを採用しています。これはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸収し、分解してくれるというもの。タバコの煙に含まれるアセトアルデヒドも減らすことができます。

    また、床は通常のフローリングの下に遮音マットを敷き込む3層剛床工法を採用しています。気になるキッチンやトイレの排水音をカットしてくれるので物音が気になりにくくなるのです。

建築事例

店舗一覧

関東

ファーストホーム 事業部 208-0022
東京都武蔵村山市榎3-91-2

会社情報

会社名
株式会社サン・ハウジィング
ブランド名
ファーストホーム
創業
1988年
資本金
2,000万円
従業員数
8人

あなたの夢を叶える
工務店・ハウスメーカーを検索しましょう。